FC2ブログ

生徒の国籍

息子の通うインターナショナルスクール(3歳~18歳)は生徒総数が約500人で、その国籍の数は、先月末現在61だそうです。その分布は、地元ドイツが最大で25.7%、そのあとアメリカ、イギリスと続きます。アジアからは韓国(2.7%)とインド(2.3%)が多く、日本はたったの1%しかいません。以下が国籍別人数上位。

ドイツ 25.7%
アメリカ 16.9%
イギリス 6.7%
オランダ 3.9%
カナダ 3.7%
オーストラリア 3.5%
イタリア 3.1%
韓国 2.7%
スペイン 2.7%
インド 2.3%
フランス 1.5%
アイルランド 1.4%
ポーランド 1.4%
スイス 1.4%
ベルギー 1.2%
ノルウェー 1.2%
ロシア 1.2%
シンガポール 1.2%

多重国籍の子供がたくさんいるのですが、一人国籍一つずつしかカウントされていないそうです。ところで、日米2重国籍のうちの息子は、日本人のカウントにも入っているのかな?アメリカのカウントに入っているような気もします。

去年の学校のインターナショナルデーで、生徒の家族が出身国の食べ物を持ち寄る企画がありました。うちも寿司を持って参加することにしたのですが、同時にアメリカグループからも手伝ってほしいと誘いのメールを受けました。「アメリカ人家族すべてに案内を出しています」とのこと。息子が米国籍を持っていることは確かですが、僕たち親はアメリカ人ではないので、なんだか不思議な気分でした。上のリストの通り、日本グループを手伝わないと人数が足りなくなり大変なので、申し訳ないとは思いつつ誘いはお断りしました。後で聞いたら、とにかく人数がたくさんいるので全然大丈夫だったとか。

アジアやアフリカの国籍がもっと増えたら、この学校はもっとインターナショナルスクールらしくなっていいと思うのですが、すぐには変わらないでしょうね。

ところで、ボンに住む外国人(約43000人、人口比13%)の国籍別人数順位は上のリストとは全く違った順位になります。これはとても興味深いデータなので、ここに載せてみます。

トルコ 15.8%
モロッコ 5.2%
イタリア 5.0%
旧ユーゴ 4.1%(セルビア+モンテネグロを指すのか、紛争前のユーゴ全体を指すのかは不明)
ポーランド 3.3%
スペイン 3.2%
イラン 3.0%
中国 2.9%
ロシア 2.8%
ギリシャ 2.6%
イラク 2.7%
フランス 2.4%
アメリカ 2.0%

何時に帰ってくる?

6歳の長男からの電話。

今どこにいるの?(職場の電話に掛けてきているのにこの質問)
まだ職場だよ。

しょくばで何してるの?(「しょくば」の意味をまだ知らなかったらしい)
お仕事してる。

何の日に帰ってくる?
今日帰るよ。(質問通りに答えて、質問の仕方の間違いを悟らせてみた)

そうじゃなくってぇ、何の時間に帰ってくる?
何の時間じゃなくて何時でしょ。言ってごらん。

じゃあ何時に帰ってくる?
7時過ぎに帰るよ。

えぇー!ガチャン(切)
(6時半の会話。7時で驚く場面ではないはずだが。。。)

Dear ミスター・マンデラ

Mr.マンデラとは、そう、あのネルソン・マンデラ氏のこと。息子が通うインターナショナルスクールの上級生(小学3年生)のクラスで、人権についての授業の一環としてマンデラ氏のことを勉強したそうです。反アパルトヘイトの運動を指導し、逮捕され刑務所に送られたこと、刑務所暮らしで、家族と引き裂かれていても、希望を失わなかったこと、釈放された後、大統領になたことなどを教わった3年生の子供たちが、担任を通じてマンデラ氏に手紙を書いたそうです。そしてなんと、本人から返事が来たというのです。(それにしても、どういうルートで手紙を出したんでしょうね。どうでもいいことですが、気になります。)

子どもたちからの手紙には、マンデラ氏への質問がたくさん含まれていました。マンデラ氏は子どもたちの質問一つ一つにきちんと返事を書いて、送り返してくれたというから驚きです。やりとりは例えばこんな感じ:

オーストリア人のN君 「なぜ物事を変えようと思ったのですか?」
マンデラ氏 「私たちの国では、黒人はきちんと扱われておらず、白人と同じ権利が与えられていませんでした。肌の色や、宗教や、貧富の差に関わらず、私たちはみな同じ人類です。全ての人は尊厳をもって扱われる価値を持っています。私たちの国の法律ではそれが許されていなかったので、それを変えるために闘わなければならなかったのです。」

アメリカ人のAちゃん 「権利のために立ち上がる勇気をなぜ持っていたのですか?」
マンデラ氏 「抑圧されている人は誰でも、自分の権利のために立ち上がるべきです。もし立ち上がることができない人たちがたくさんいて、あなたこそがその人たちのための代弁者になれると期待されていることがわかれば、あなたにはきっと、立ち上がる勇気がでるでしょう。」

子どもたちにとっては、「本の中に出てくる有名な偉い人」であるはずのマンデラ氏から直接返事が来たのですから、本当にインパクトの強い出来事だったはずです。一番飛び上がって喜んだのは、きっと担任の先生だったのでしょうね。まだ8歳の子どもたちが、その手紙の言葉の意味をきちんと理解できるようになるのは、もっと大きくなってからかもしれません。受け取った手紙とそこに書かれていた言葉は、子どもたちの一生の宝物になることでしょう。



"Education is the most powerful weapon which you can use to change the world."
(教育は、世界を変えるために使うことの出来る、最も強力な武器である。)

                              By Nelson Rolihlahla Mandela

Give me another chance!

子供が学校でどんな教育を受けているかということは、学校に見に行かなくても子供の振る舞いから少しずつ知ることができます。先日長男(6歳)が、食器を片付ける手伝いをしていて、無理をして一遍にたくさん食器を運ぼうとしたために、落として大失敗してしまいました。それを見ていた僕は、深く考えずに「これは難しいからダメ!」とその食器を取り上げて、替わりに片付けてしまいました。

長男はそれに納得がいかなかったらしく、「どうしてanother chanceをくれないの?」と珍しくつっかかってきました。僕はハッとしました。相手はまだ6歳。なんでもうまくできなくて当たり前、1度うまくいかなくたってまたやらせてあげればいいのです。

本人のやる気を大切にして、小さな成長を見守る。当たり前のことですが、親の気持ちに余裕がないときは、こういうことはうまくいかないかもしれません。another chanceの部分だけ英語になっていたので、これは学校での経験からの言葉だったのだと思います。きっと学校の先生はもう一度チャンスをくれるのでしょう。親子の信頼関係が深まるかどうかというのは、ほんの些細なことの積み重ねなのだなぁと考えさせられました。

話は飛びますが、週末早起きして、長男の大好きなF1の日本GPをテレビで一緒に見ました。TV画面にコンストラクターズポイント(チーム別ポイント)の順位が表示され、その中にフェラーリのライバル、マクラーレンの名前がないのに気がつき、長男はひどく驚いたようでした。

少し前のニュースになりますが、マクラーレンはフェラーリチームに対するスパイ行為のためFIAから制裁を受け、今期のコンストラクターズポイントが全て無効になってしまったのです。フェラーリとマクラーレンの競り合いを楽しんできた息子に、マクラーレンが悪いことをして罰せられてしまったんだと教えてやりました。

その日の夜になって思い出したらしく、「ねぇパパ、一回やっただけでもう全部なくなっちゃうの?今年はもう1点ももらえないの?」と、なんのことかと思ったら、マクラーレンのことを言っているらしい。相当ショックだったようで、応援するフェラーリが繰り上がってコンストラクターズチャンピオンになったことに対しても複雑な気持ちなようでした。そうなのだ、大人の世界は厳しいのだよ息子君。でもできれば子供に夢を与えるF1のような世界では、こんなことは起こってほしくないですね。来年まで持ち越しとは言え、another chanceはまた来ると説明してやりました。

小学一年生、初めての宿題

6歳の長男の学校の宿題をひとつ紹介します。穴埋め問題です。

Fun at Camp

I _____ having fun this summer. I _____ in the play last week.
It is fun to _____ in plays. I got _____ because I fell down
one day. I was afraid that I hurt my knee or my _____.

I'm glad there is a lot of grass on the ground to _____ on.
They are going to _____ more things to do here. I will _____
them to add kickball. Kickball is as much fun _____ baseball.
This _____ been a great summer!

単語の選択肢:
 am, as, ask, has, act, hand, land, mad, add, was


もう、こんなに難しいことをやっているのかと驚きました。果たして中学生のときの自分でもこれができたかどうか...

宿題は毎日出るわけではなく、月曜日に1週間分の分量を受け取り、金曜日に提出することになっているらしいです。そして週末は宿題が全くなく、家族で一緒に過ごす時間を大切にしてください、とのことらしい。僕が小学生のときは週末こそたくさん課題が出たような。。。。

インターナショナルスクール1年生の時間割

息子が学校からもらって帰ってきた時間割表がこれ(クリックすると拡大します)
インターナショナルスクール1年生の時間割

【注】
Reading Grp:  読書、言語(グループ活動)
Handwriting: 書写、作文
SSR: 読書(個人別)
Lang. German: ドイツ語
MATH: 算数
IT: IT
P.E.: 体育
Music: 音楽
Art: 芸術
Shared Poem: 詩(?)
Media Center: 図書館
T. Theme: テーマ別プロジェクト活動(社会教育含む)
Assembly: 全校集会(音楽・劇などの発表会+表彰)


1年生は2クラスで、それぞれ生徒数11人ずつ。クラスメートの国籍はドイツ、アメリカ、スペイン、インド、シンガポール、オーストラリア他。

ドイツ語、IT、体育、音楽、芸術の授業は担任とは別の専任の先生が教えることになっています。また、英語ができない子は、ドイツ語クラスの替わりにEAL(English as an Additional Language)を数ヶ月受けることになっています。

息子は待ちに待った学校が楽しくて仕方がない様子で、全く羨ましい限り。自分も子供に戻ってこんな学校に通ってみたいものです。

一時帰国中の小学校への体験入学について

海外在住の日本人の中には、子供が通う現地の学校の夏休みの間に、日本の学校へ数週間入学させるケースがたくさんあります。その目的は、

(1)日本語が上手になる、
(2)日本に住む同年代の子供たちと友達になれる、
(3)日本の学校の勉強についていけるようにする(いつか帰国する予定がある場合)
(4)とにかく、日本人らしさを養成する

といったところでしょうか。まぁ、これができるのは現地の夏休みが日本より長いか、期間がずれている場合のみです。欧米の国ならどこでもなんとかなるのではないでしょうか。海外にある日本語補習校は、この方法を勧めているところが多いようです。

そういう我が家も来年の夏休みの7月に、長男を日本の小学校へ体験入学させようと計画しています。と言うわけで、今回の一時国中に、実家のある長野県長和町の教育委員会の方と会ってきました。あんな田舎でも海外からの体験受け入れなんてやっているのかなぁと心配していましたが、前例があり受け入れ体制はできているとのこと。来年日程が分かったら詳しい話をしましょうということになりました。まずは一安心。

他の国の事情はどうだろうかと、スペイン人家庭の話を聞くと、スペインの小学校では一クラスの定員が22人と決まっているので、一時的なクラスの増員は運が良くないとなかなか難しいのだとか。

日本の大教室で、他の子と机を並べて授業を受ける息子の姿がまったく想像できないのですが、どうなることか。実は結構楽しみです。

テーマ : 海外で育児
ジャンル : 育児

インターナショナルスクールの親同士のつきあい

先週末、うちの息子の誕生日パーティー&ピクニックを開き、アパートの敷地にある芝生に同級生とその家族が集まって盛り上がりました。そこで、子供同士だけでなく親同士も仲良くなり、「また集まって楽しみましょう」という話になりました。

そうしたら、さっそく翌週(つまり今日)、息子の同級生のJちゃん宅で開かれるプールパーティー兼持ち寄りパーティーのお誘いを受けたので、行ってきました。Jちゃん宅(ドイツ人家庭)にはなんと自宅の室内にプール室があるのです。招待を受けた子供たちが、腕に浮き輪をつけて泳いでいる間、親たちは持ち寄った多国籍な食べ物とワインなどを楽しむという企画。

インターナショナルスクールの良いところは、多国籍、多文化であるということ。子供達のバックグラウンドはいろいろなのですが、それを詳しく理解したかったら、親たちと話すのが一番。クラスの生徒は14人で、そのうち国連家族はうちも含めて4家族。残る10家族は企業に勤める親の家庭です。多国籍企業の転勤族で、これまでの経歴を聞くととても興味深いです。ヨーロッパ人でも昔アジアで働いていた人などいて、日本や東南アジアの習慣や食生活にも結構詳しかったりします。

企業勤めの10家族のうち、なんと4家族はドイツ人家族です。なぜ地元にいくらでもある無料の公立校ではなくて、インターに通わせているのかと思ったら、親自身が昔インターに通ったことがあり、既に国外で職歴を積んできているので、子供にもインターに通わせているという家庭もありました。他には、お父さんが米国系自動車大手で働いていて、イギリス駐在から戻ってきたというドイツ人家族も。なるほど、僕たちと同じ転勤族で、今はたまたま自国勤務をしているのですね。謎が解けてすっきりしました。

今学期もあと3日で終わり、6月28日から学校は夏休みになります。我が家は日本へ2年ぶりの一時帰国を果たします!

テーマ : ドイツ生活
ジャンル : 海外情報

インターネット世代

パソコンの電源が入っているのを見つけた息子(6歳)が、「パソコン使ってもいい?」と聞くので、「いいよ」と言って貸してあげました。

何をするのかと見ていると、インターネット・エクスプローラーをダブルクリックして立ち上げ、Googleをアクセスし、thomas the tank engine検索して、機関車トーマスのオンラインジグソーパズルやら、神経衰弱ゲームをやって楽しんでいました。

幼稚園児でもネットができるのかと感心しました。いろいろ教えてもらうようになるのは時間の問題のようです。

テーマ : 海外で育児
ジャンル : 育児

マミーとパパ Mom & Dad

息子は親を呼ぶとき、日本語ではマミー、パパと呼びます。ママとパパではなくて、マミーとパパ。赤ちゃんの時からずっとそう呼んでいます。

ところが、英語で呼ぶとき(学校の友達と一緒のときなど)は「Mom, Dad」です。きっと学校で「What did your mom say?」「My mom said...」などとやっているのでしょう。こういうのは日本語と英語で自動的に同じにはならないのですね。不思議なものです。

ところで友達の親を呼ぶときはというと、日本では「~ちゃんのお母さん!」という感じでしょうか?うちの妻は、息子の同級生達(5~6歳児)からファーストネームで呼ばれたりしています。まるで友達を呼ぶように。日本ではあまり見られない光景ですね。

テーマ : 海外で育児
ジャンル : 育児

アクセス数


にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ オーストリア情報へ
プロフィール

mickey10044

Author:mickey10044
男性。1999年より国連職員。

インド、ジュネーブ、ニューヨーク、ボン、ウィーンを経て、現在はイタリア・トリノの国際機関に勤務。IT部門のチーフ。PMP,CISSP。

mickey10044#hotmail.com
(#は@に変換)

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
Locations of visitors to this page