スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エスツェットの大文字が登場か

ドイツ語には、エスツェット(↓)と呼ばれる独特のアルファベットがあります。

エスツェットの小文字

この文字には不思議なことに小文字しかありません。ドイツ語にはエスツェットで始まる単語がないのと、大文字だけで文章を書くという習慣が歴史的になかったことが理由だそうですが、やはり不便です。看板の文字とか、活字の文章のタイトルとか、エスツェットを大文字で書かなければならないときはSSで代用するか、小文字のエスツェットを無理矢理大文字っぽくして書かれてきました。

ところが、最近メディアでも話題になっていますが、今年4月にDIN(ドイツ規格協会-日本のJISに相当)からISOに出された文字コードに関する提案が正式に採用されそうな見込み。そのうちドイツの巷で、これまで見慣れなかった新しい活字を見るようになるのでしょうか。

エスツェットの大文字
SIGNAという雑誌に登場した大文字エスツェットのデザイン{案)

テーマ : ドイツ
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

アクセス数


にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ オーストリア情報へ
プロフィール

mickey10044

Author:mickey10044
男性。1999年より国連職員。

インド、ジュネーブ、ニューヨーク、ボン、ウィーンを経て、現在はイタリア・トリノの国際機関に勤務。IT部門のチーフ。PMP,CISSP。

mickey10044#hotmail.com
(#は@に変換)

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
Locations of visitors to this page

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。