スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

聖ニコラウスの日

12月6日は聖ニコラウスの日(Nikoraustag)。ニコラウスとはサンタクロースのモデルとなった聖人で、この人の命日である聖ニコラウスの日は、ドイツではクリスマスシーズンのとても大切な日だったのでよく覚えています。聖ニコラウスの日の前夜、子供たちは自分の靴をよく磨いて玄関先へ出しておきます。そして、一年間いい子にしていた子の靴には、夜の間にニコラウスがお菓子などをたくさん届けてくれるというものです。

普段忘れ物の多いうちの長男でも、こんなことはちゃんと覚えていて、張りきって自分と妹の大きめのブーツを早々と2日前から家の前に出しているので、「ニコラウスの日ってドイツだけじゃないの?」って聞くと、オーストリアでも同じなのだと学校で習ったことを教えてくれました。5日に大慌てでお菓子が用意され、6日の朝にはちゃんとブーツに届いていて、うちの子供たちも大喜びしたことは言うまでもありません。

ところで、ニコラウスがもう来たんだから、サンタクロースからのプレゼントの風習は関係ないではないかというと、こっちはこっちで期待していて、「サンタさん、ニンテンドーDSをください」と長男は今から英語で手紙を書いて張り切っています。

長男は今、インターナショナルスクールの3年生です。クラスメートたちは「ニコラウスやサンタは本当はいなくて、実は親がプレゼントを届けているらしい」ということをしきりに話題にしているらしいのですが、長男はその話を聞いてもまだ、ニコラウスやサンタのプレゼントを本気で信じています。彼だけ幼いのか、周りの子がませているのか。。。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

かわいらしい息子さんですね!!(^-^)
靴下ではなく、靴にお菓子を入れてもらえるんですね。

アクセス数


にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ オーストリア情報へ
プロフィール

mickey10044

Author:mickey10044
男性。1999年より国連職員。

インド、ジュネーブ、ニューヨーク、ボン、ウィーンを経て、現在はイタリア・トリノの国際機関に勤務。IT部門のチーフ。PMP,CISSP。

mickey10044#hotmail.com
(#は@に変換)

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
Locations of visitors to this page

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。