スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PRINCE2 再び

プロジェクト管理の資格PRINCE22年半前にPRINCE2について書いた時と比べると、大分メジャーになってきました。ITの中堅レベル以上の採用では、ITIL資格などと並んで必須要件になってきました。

以前ボンで取得したのは入門編のPRINCE2 Foundationでしたが、今日受験したのは、その上級レベルにあたるPRINCE2 Practitionerという資格で、3時間に及ぶ試験でした。Foundationは言葉の定義が中心で、やや試験自体は退屈でしたが、Practitionerは実際のプロジェクト環境をシミュレーションするような、シナリオベースの試験で、とても実戦的で面白かったです。

今年の夏にPRINCE2標準が大幅改定されて、Practitionerの試験方法も大分簡素化されました。テキストのボリュームが半分ぐらいになっただけでなく、記述形式から択一式になり、とっつきやすくなったようです。僕が今回受けてみた感じでは、PMPよりは簡単でした。

Foundationを持っているけど、Practitionerは記述式だからちょっと....とためらっていた方は、新形式のPractioner試験に挑戦されることをお勧めします。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

PRINCE2 ・・・聞いたことがなかったです。
そのようなものがあるのですね。

PRINCE2 について少し調べてみましたが、全世界の多くの実務家に受け入れられていて、資格取得者もどんどん増えているみたいですね。
勉強になりました。

tulip♪さんへ

ITの部門にいますが、技術系の資格よりも、マネジメント系の資格の注目度のほうが高いです。来年はもっと資格試験を受験することになりそうです。

PRINCE2 Course 提供してます

私はロンドンの中心地でPRINCE2を教えている会社でアドミニストレーターとして働いている日本人です。 イギリスでは、プロジェクトマネージメントの職に就くにはこの資格が必須です。最近は、フランス、オランダ、ドイツ、北欧、サウジアラビアなど各国からも受講しに来られるようになりました。先日は、シリアの大手の携帯電話の会社からの依頼で現地でPRINCE2コースをトレーニングしてきました。うちの社長は、IT出身で、PRINCE2やITプロジェクトマネージメントを教えています。もし、興味がおありでしたら当社のウェブサイトのぞいて下さい。www.knowledgetrain.co.uk




Yanagidaさんへ

イギリスはPRINCE2の本場ですから、やはり重要度は高そうですね!

mickeyさんへ

そうですね。イギリスではPRINCE2の資格がないと就職活動をされている方は特に難しいようです。イギリス人の主人も5年前に必要に迫られて取得後、何を思ったのか転職し、今はPRINCE2講師です。最近、在英日本人の方も受講に来られるようになってとても嬉しく思っております。合格率100%を目指して皆さんに合格していただきたい。でもやっぱり日本人の方がPractitioner の試験に合格されるとやったー!って感じでイギリス人スタッフの前でガッツポーズです。

Yanagidaさんへ

ずいぶんと時間が経ちましたが、先日Practitionerの合格証書が届きました!

mickeyさんへ

最近は、APMGroupからの合格通知が随分と早くなって受験後10日以内には私どもの方に届くようになり、証書も2週間以内には、合格者にお届けできるようになりました。以前の記述式のときは、3ヶ月後の合格通知、証書は半年後でしたね。

日本の会社員

こんにちは。
会社から勧められてPrince2を受講したものです。
日本ではPMBOKが標準ですが、ヨーロッパ系の組織ではPrince2の影響は大きいですね。
Foundationですが一発で合格できてよかったです。
ちなみにトレーニングも試験も英語。 このあたりが日本ではひろまらない原因ですよね。

アクセス数


にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ オーストリア情報へ
プロフィール

mickey10044

Author:mickey10044
男性。1999年より国連職員。

インド、ジュネーブ、ニューヨーク、ボン、ウィーンを経て、現在はイタリア・トリノの国際機関に勤務。IT部門のチーフ。PMP,CISSP。

mickey10044#hotmail.com
(#は@に変換)

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
Locations of visitors to this page

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。