スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウィーン少年合唱団

地元オーストリア人の同僚の一人に、ウィーン少年合唱団の出身者がいます。ウィーン少年合唱団と言えば世界的にも有名で、神聖ローマ皇帝に創設された宮廷聖歌隊の頃から数えると500年の伝統を持つ、実に由緒正しい合唱団なのです。厳しい選考があるので、誰でもメンバーになれるわけではありません。

僕の同僚は、まだ子供だった時(つまり声変わりする前ですね)に、合唱団のメンバーとして数年間活動したそうで、子供ながら世界中へ演奏旅行に行ったそうです。

72年に日本へ行った時のことは、強烈な印象が残っているようで、よく覚えていました。羽田空港に降り立った時、横断幕を持った日本人の若い女の子たちが到着ロビーを埋め尽くしていて、合唱団の彼らは一体どんな有名人が今日は到着するんだろうと不思議に思っていたら、実はウィーン少年合唱団の出迎えだったことがわかり驚いたこと。初めて新幹線に乗り、あまりの速さに驚いたこと。旅館にはプールがあると聞いていたので、みんなで裸になって飛び込んだら実は温泉で、熱くて飛び出したことなど。

日本滞在中の一番の思い出は、皇居を訪問した時、おそらく現在の皇太子殿下とも短い会話を交わしたことだそうです。日本の皇室の映像がテレビに出る度に、その時のことを思い出すそうです。さらに、アメリカに演奏旅行に行った時は、人類で初めて月面に降り立った、あのアームストロング氏とも会ったのだと。まったく驚きました。

そんなすごい経験をした彼ですが、合唱団出身者の多くが音楽関係の進路を選ぶ中、今は国連職員として僕と同じIT部門に勤めているのだから不思議なものです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

私は小学生のとき、ウィーン少年合唱団のコンサートに行ったことがあります。
本当に美しい歌声に感激して、コンサートのパンフレットはずっと大事にとっています。
ちょうど、日本でたまごっちが流行っていたときだったので、(確か)第二部の劇の中で、団員がおもしろおかしく「たまごっち!!」と言っていたのを思い出しました(笑)

温泉をプールに間違えるなんて面白いですね。
皇太子殿下やアームストロング氏にも会えるなんて、さすがウィーン少年合唱団という感じですね(^-^)

from Chicago, USA

はじめまして。12月、クリスマスと年末年始休暇を利用し、東欧(ブダペスト、ウィーン、プラハ)を訪れます、現在アメリカはシカゴ在住の者です。旅の準備をと、ブダペスト、ウィーン、プラハに御住まいの方のブログをサーチしていて、こちらを発見いたしました。ちょうど、11月28日に、シカゴのシンフォニーオーケストラが、ウィーン少年合唱団を迎えてコンサートが開かれると、昨日知りました。この少年たち、声変わりをする前の数年間の活躍なんですよね。500年の歴史とは、知りませんでした。ウィーンを訪問しますし、これは一見の価値があると思うので、早速チケットを購入しようと思います!これからもお邪魔させていただきます。宜しくお願いいたします。

そうすごかったんです!

同僚の方が日本にいらした頃、少女雑誌でウイーン少年合唱団員の人気ベスト10とかやってました。マンフッレド。キリアンという団員がいつも1.2位でしたが鳩山邦夫さんの奥さんのエミリーベアードさんと、いい感じな雰囲気で芸能人のゴシップのように毎週あれこれ記事がのっていましたね。。。あれから30数年ぶり6月久々に日本公演を聴きに行き22人中5人もアジア人で2人は日本人!にビックリな私でした。色々時代と共に変わったんですね、毎年日本には来日しているらしいので又機会が有ったらいきたいですね。

tulipさんへ

tulipさん
コンサート、僕も行ってみたいです。ここに住んでいる間に行ってみたいコンサートやイベントは山のようにあるので、機会がありますかどうか。。。

chicagocreativeさんへ

シカゴと同じくこちらも寒いですから、くれぐれも防寒対策お忘れなく。。。。

シカゴのオーケストラとウィーンの合唱団が合同でコンサートとは面白そう。チケット取れるといいですね。コンサートの報告楽しみにしています。


ウイーン大好きっ子さんへ

その頃のことを覚えてらっしゃるんですね。人気ベスト10とは、、、ただの合唱団ではありませんね。いろんな人が言っていますが、ウィーン少年合唱団は素晴らしい歌声を世界中で披露するだけでなく、「親善大使」的な役割も果たさなければならないようなので、子供たちにとってはなかなか大変なようですよ。

ウィーン少年合唱団の思い出

 ウィーン少年合唱団の来日は、私の懐かしくも大切な思い出です。

 ウィーン少年合唱団のことを知ったのは私が小学生の時です。
67年組が来日し、学校から帰宅するとテレビ画面を通して、その
澄みきった歌声を聴いたものです。

 私は一人の団員に憧れました。
 彼は私の初恋の人だったのですから♪
 いつの日か、お手紙が交換できましたらと。。。
 それが現実になりましたのは、72年のコンサートがきっかけです。
 
 私は69年・72年のコンサートに行き、72年組の団員のコンサートで、
お知り逢いになったお姉さまに、私の初恋だったMK君のアドレスを教えて
頂きました。
 
 自分の写真を同封し英語で手紙を出しました。
 手紙の内容として、「素晴らしい天使の歌声を聞かせて下さいましたこと・・・
音楽を通して、多くの感動を与えて下さいましたこと・・・」
 当時のお礼を書き綴りました。
 彼からのお返事は、2ヵ月後に届きました。

 私の願いが叶うことになったきっかけは、72年組の来日です。
あの時、彼の住所を知る方との出逢いがなければ。。。
ご縁は不思議なものですね。
 
 もしかしたら、mickey様のご同僚の方、私、存じ上げているかも
しれませんね。雑誌などで団員の名前はおぼろげですが、記憶に
あります。

 余談ですが、私はコンサート終了後、バスに乗り込んだ団員に、小さな
ぬいぐるみを手渡しました。後にも先にも、プレゼントを渡したのはその一回限り
なんですが、同僚の方が手にした確率は20分の1ですね。

 時を経て国連職員としてお仕事をされておられますご様子、当時の団員を知る
私には嬉しい便りです。
 私が聞きました話しですと、退団後音楽関係の仕事に就かれておられる方は
少ないという事です。
 私の憧れの方も、お仕事の一線で頑張っておられる事だと推察いたします。
 
 私たちが多くの感動を頂きました事、そしてオーストリアという国を知りたいと
思うきっかけを与えて下さいました事の感謝の気持ちを、どうぞ彼にお伝えくださいませ。

Re: ウィーン少年合唱団の思い出

Edelweissさんへ

心のこもったコメントを、どうもありがとうございました。とても素敵な思い出ですね。当時の合唱団の来日がこれほどまでに大きな出来事だったとは、今回初めて知りました。

元合唱団の同僚は、今でも来日当時に覚えた日本語のフレーズをたくさん覚えていて、たまにその知識を僕に披露してくれます。ぬいぐるみの件はまだ彼には聞いていませんが、もしかしたら知っているかもしれませんね。

2010コンサート

  Edelweissと申します。
 ご丁寧なコメント、ありがとうございます。

 私の懐かしい大切な思い出は、コンサートにおけます彼らの素晴らしい歌声です。

 67年にテレビで放映され、一人のソリストの歌声に夢中になりました。
当時ボーイソプラノという言葉も知らなかったのですが、そのどこまでも澄みきっ高音の
歌声に聞き入りました。

 69年のコンサートでは、父が会場に迎えに来てくれまして、聴いたばかりのメロディーを、
ハミングしながら父に手をひかれて帰路に着きました。

 その1年後だと記憶しておりますが、ウィーンの森少年合唱団のコンサートに友達3人で
出かけ、帰路は友達の母親の運転する車中でコーラスをしコンサートの余韻に浸っており
ました。

 72年のコンサートでは、音大を目指している友達と行き、グリーンスリーブスを二人で
口ずさみながら帰宅しました。

 団員を見る事が出来たのは、コンサート会場と、終了後にバスに乗り込んだ時だけです。

 彼らの素晴らしい歌声に魅了され、瞼を閉じても音楽が頭の中に流れております。 
レコードも何度聴いたことでしょう。。。

 今年、2010のコンサートがありますね。
日程が折り合えば、行きたいと思っております。

アクセス数


にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ オーストリア情報へ
プロフィール

mickey10044

Author:mickey10044
男性。1999年より国連職員。

インド、ジュネーブ、ニューヨーク、ボン、ウィーンを経て、現在はイタリア・トリノの国際機関に勤務。IT部門のチーフ。PMP,CISSP。

mickey10044#hotmail.com
(#は@に変換)

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
Locations of visitors to this page

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。