スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウィーンの葛飾通り

ウィーンは東京と同じく23区に区分されています。街のあちこちで何とも難しい名前の道路に出会うことがたまにありますが、先日も僕の住む21区(フロリズドルフ区)で見つけました。

「Katsushika Strasse」


tsuとかshiなんてあまり見かけないつづりなので外国語なのかなぁ、どうやって読むのかな?と眺めていると「カツシカ?」、なんのことはない「葛飾通り」ではないですか。地元の人はなんて発音しているんでしょう。

調べてみると、ウィーンの21区(フロリズドルフ区)は、東京の葛飾区と姉妹都市なのだそうで、市の北東部というその位置関係まで葛飾区と同じ。2001年にフロリズドルフ区内の約1キロの道路区間が「葛飾通り」と命名されて、葛飾市長が命名式に招待されたとか。両区の間ではホームステイの交流事業が長年行われているそうです。

そう言えば、東京に住む友人の奥様が、以前葛飾区の交流ホームステイプログラムでウィーンを訪問したって言ってたっけ。そのホームステイの話と謎のカツシカ通りに関連があるとは今まで思いもしませんでした。

同じ区内の、我が家から歩いて10分のところには、「男はつらいよ」のウィーンが舞台になった作品の公開20周年を記念して、寅さん公園(Tora-San-Park)なんて言う小さな公園が先月末オープンしました。20年前の「男はつらいよ 寅次郎心の旅路」は見たことがないのですが、これをきっかけに見ることになるでしょう。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

面白いですね!
ウィーンと日本のつながりが感じられてなんか嬉しくなりました。

No title

こんにちは。通りすがりのものです。
葛飾在住の者でウィーンが大好きす。
大好きな場所に葛飾通りがあるなんて、とても嬉しくなりました。
また旅行で行く際には探してみたいと思います。
紹介してくださってどうもありがとうございます。
また、お邪魔させていただきます!

アクセス数


にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ オーストリア情報へ
プロフィール

mickey10044

Author:mickey10044
男性。1999年より国連職員。

インド、ジュネーブ、ニューヨーク、ボン、ウィーンを経て、現在はイタリア・トリノの国際機関に勤務。IT部門のチーフ。PMP,CISSP。

mickey10044#hotmail.com
(#は@に変換)

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
Locations of visitors to this page

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。