FC2ブログ

転校手続き

さて、ウィーンへ転勤となると、一番大切な準備はもちろん転勤そのものの手続き。ウィーンのオフィスへ提出する各種書類が必要で、これがないと何も始りません。

そして次に大切なのは、子供の学校の転校手続き。これは住む場所を探すより先にやらなければなりません。家族の引っ越しの日程は子供の学校の転校スケジュールに掛っています。

転校と言っても、国内で公立学校を移るのと違い、インターからインターへの転校なので、新たに入学願書を出さなくてはなりません。ウィーンは幸い「国連都市」なので、国連職員の子供はインターナショナルスクールの入学優先順位が高いので少しは安心していますが、もし正式に入学が認められなければ別の学校も探さなくてはなりません。という訳で、せっせと入学願書関連の書類を提出しています。

提出書類の中で特徴的だったのが、A4で2ページに及ぶ子供の言語能力調査票。内容はこんな感じ。

  • 第一言語、第二言語、第三言語.....の「読む」「書く」「話す」のレベル
  • 以前の学校での使用言語
  • 両親の使用言語
  • 両親がお互いの間で使用する言語
  • 両親が子供に対して使用する言語
  • 子供が兄弟間で使用する言語
  • 子供が家政婦等と使用する言語
  • 子供がベビーシッターと使用する言語
  • 子供への本の読み聞かせの頻度と使用言語
  • 子供の自身での読書の頻度と使用言語
  • 過去の滞在国、などなど

我が家はおもに日本語と英語以外はあまり登場しないので記入は簡単でしたが、家族構成によってはこの調査票はかなり面白い結果になるでしょうね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

アクセス数


にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ オーストリア情報へ
プロフィール

mickey10044

Author:mickey10044
男性。1999年より国連職員。

インド、ジュネーブ、ニューヨーク、ボン、ウィーンを経て、現在はイタリア・トリノの国際機関に勤務。IT部門のチーフ。PMP,CISSP。

mickey10044#hotmail.com
(#は@に変換)

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
Locations of visitors to this page