FC2ブログ

ペイロールさんからの振り込み

先日、日本の銀行から電話が掛かってきました。なんでも、僕の口座宛にワシントンDCのペイロールさんから振り込み依頼があったとのこと。マネーロンダリングの規制を厳しくしているので、振り込み金額の出所を確認したいと。

ペイロール(Payroll)さん?それって.....「給料」のことじゃないの?銀行の人もそんな間違いをするんですね。銀行には国連からの給料振り込みなので、問題ありませんって回答して、問題は解決しました。それにしてもペイロールさんって、いったい誰かと思いましたよ。

国連の給料はドル建て計算されますが、それをどの通貨でもらうかは自由に指定することができます。

今までは、全額現地通貨のユーロ建てで、ドイツ国内の銀行口座に振り込んでもらっていましたが、先月から90%をユーロ、残り10%を日本円で日本の銀行口座に振り込んでもらうように変更しました。

このように、好きな通貨に分割して受け取ることができてとても便利です。日本円は一時帰国するときの滞在資金にする予定です。


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

◆keichoさん

お久しぶりです。
好きな通貨で給料をもらえるのはとても便利ですよ。ジュネーブ勤務の時は、スイスフランとフランスフラン(当時)を半額ずつスイスの銀行とフランスの郵便局の口座で受け取っていました。両方生活圏だったので両替する手間が省けて楽でしたよ。

こんにちは。

お給料受け取りの件、サスガは国際機関ですね。自分も実際、世界中ほとんどどこに行っても現地通貨に両替できるので、毎回帰国時に使い残した現地通貨を再両替するとき、日本円の扱いがなかったり、向こうに持ち合わせがない場合には、ためらうことなく米ドルへの両替をお願いしてタンス預金してます。

自分のお給料。入社した頃は、社内設置のATMにずいぶんお世話になったものですが、いまではいたるところにある24時間営業のコンビニで下ろすことができるので、とても便利になりました。必要最小限の現金しか持ち歩かなくて済むのは、より安全でありがたいです。

◆Landlouperさん

こんにちは。
本当に、現金を必要以上に持ち歩かなくていいのはありがたいですね。
ヨーロッパではアメリカ以上にデビットカード(ECカード)が普及していて、
道ばたの屋台や駅のキオスクなどでないかぎり、大抵使えます。
ガソリンスタンドやレストランなどでも使えるので本当に便利です。
最近はネットで買い物をしたとき以外、クレジットカードもあまり使わなくなりました。

アクセス数


にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ オーストリア情報へ
プロフィール

mickey10044

Author:mickey10044
男性。1999年より国連職員。

インド、ジュネーブ、ニューヨーク、ボン、ウィーンを経て、現在はイタリア・トリノの国際機関に勤務。IT部門のチーフ。PMP,CISSP。

mickey10044#hotmail.com
(#は@に変換)

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
Locations of visitors to this page