スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

上司宅訪問

ブラジル人の上司が、部のメンバー十数人とその家族を夕食に招待してくれました。おしゃべりに花が咲き、とても盛り上がったのですが、メニューを決めるのにちょっと苦労したそうです。というのは、食べ物に関して制約の多いメンバーが多いのです。

例えばこんな感じ:

パキスタン人男性:イスラム教徒のため、豚肉を食べられない
イギリス人女性:ベジタリアン
イギリス人男性:魚を食べられない
イタリア人男性:イタリア料理かステーキしか食べない(!!)

それでも全員が満足できる見事な品揃えで、みんな満腹になりました。

我が家で食事会をしたときも、ベジタリアン用のカレーを作ったりしたこともあります。国際機関の職員で集まるとこんなエピソードはたくさんありますね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

それだけ多国籍だと、どんな料理だったのかに加え、何が話題になるのだろう?ということも気になりますね~。職業柄視野も広そうで楽しそうです。

私の周囲の日本人は、やはり自分から望んで海外に来た人たちが多く、話していて飽きません。が、地元のアメリカ人(アメリカ中西部在住です)は、ネオコン的発想が多く、視点が保守的ですね・・・。

みなさん、コメントありがとうございました。

この日のメニューは、上司の奥さまと、近所のブラジル人の友人が手分けして準備したそうです。ブラジルとアフリカの料理が中心で、肉料理や野菜料理がばバランス良く並んでいました。

食べ始めはみんな座る場所を見つけて食べていましたが、途中からは話が盛り上がり、皿を持って立食でした。

アクセス数


にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ オーストリア情報へ
プロフィール

mickey10044

Author:mickey10044
男性。1999年より国連職員。

インド、ジュネーブ、ニューヨーク、ボン、ウィーンを経て、現在はイタリア・トリノの国際機関に勤務。IT部門のチーフ。PMP,CISSP。

mickey10044#hotmail.com
(#は@に変換)

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
Locations of visitors to this page

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。