スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

街の第一印象 ブリュールとボン

ボン近郊にあるブリュールという小さな街に行ってきました。ここはアウグストゥスブルク宮殿という世界遺産があることで有名です。宮殿は18世紀前半にケルン大司教によって建てられた城館で、ドイツ最初のロココ様式の建物です。

車で行ったので、あとから気がついたのですが、この宮殿はブリュール駅のすぐ目の前にあるんですね。きっと鉄道の旅でここを訪れたひとは、着いたとたんにこの街の印象をよくするでしょうね。

それに比べボンは、ブリュールとは街の規模が比較にならないほど大きく、観光名所や娯楽も多いのですが、駅前の印象は、残念ながらあまりいいとは言えません。僕はボンは全般的に好きですが、駅前は数少ない嫌いな場所のひとつです。

日本からワールドカップで取材に来た報道陣や、日本代表サポーターたちは、たいていフランクフルト空港からドイツ入りし、ボンに来るときは鉄道で移動する人が多かったようです。駅舎を一歩出たときのボンの第一印象は、寂しくて暗い感じなので、この街はかなり損をしていますね。実際、雑誌やW杯関係のサイトで、「駅前の雰囲気がパッとしないので、ボンには長居せず隣街のケルンに向かった」というような記事を何回か見かけました。

街の玄関口が訪問者に与える印象はとても大きいと思うんですよね。まぁ、ブリュールのように目の前に宮殿を持ってくるわけにはいきませんが、せめてもう少し印象をよくできる工夫をして欲しいものです。


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

アクセス数


にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ オーストリア情報へ
プロフィール

mickey10044

Author:mickey10044
男性。1999年より国連職員。

インド、ジュネーブ、ニューヨーク、ボン、ウィーンを経て、現在はイタリア・トリノの国際機関に勤務。IT部門のチーフ。PMP,CISSP。

mickey10044#hotmail.com
(#は@に変換)

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
Locations of visitors to this page

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。