FC2ブログ

赤信号でも右折可

ドイツには赤信号でも右折が可能な交差点がたくさんあります。(走行車線が反対なので日本で言う左折に相当します。)そのような交差点には、右のように、信号の横に緑の矢印があります。この矢印、緑色に点灯したランプではなくて、黒い板にペイントされた矢印なのです。

運転初日に、この緑矢印の交差点に初めて出くわしたとき、あまりにも控えめで目立たない矢印だったので、右折のウィンカーを点けたまま、気付かず赤信号に従って車を停止しました。すると後方の車にクラクションを鳴らして怒られ、やっとこの矢印の意味がわかりました。

このペイントの緑矢印は、もともと東ドイツで普及していた標識で、東西統一後に西側にも広がってきたとのことなので、ボン周辺では比較的新しい標識ということになります。

日本では直進が赤で左折可のときは緑矢印が点灯することが多いですし、国によっては、矢印など関係なく常時右折可というところもあります。外国で初めて運転するときは気をつけないといけませんね。




コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

アクセス数


にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ オーストリア情報へ
プロフィール

mickey10044

Author:mickey10044
男性。1999年より国連職員。

インド、ジュネーブ、ニューヨーク、ボン、ウィーンを経て、現在はイタリア・トリノの国際機関に勤務。IT部門のチーフ。PMP,CISSP。

mickey10044#hotmail.com
(#は@に変換)

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
Locations of visitors to this page