FC2ブログ

セルビア・モンテネグロは最後の統一チームでW杯を戦う

ワールドカップ開始直前に、モンテネグロが国民投票の結果を受けてセルビア・モンテネグロの連邦制からの独立を宣言しました。1992年にユーゴスラビアが崩壊して、スロベニア、クロアチア、ボスニア、マケドニアが独立して残った新ユーゴ(現セルビア・モンテネグロ)でしたが、これをもって旧大国ユーゴは完全に解体することになります。

このことが、今回セルビア・モンテネグロとしてW杯にエントリーしている同国に、どのように影響するのか気になっていましたが、同国サッカー協会によると、W杯はそのまま統一チームで行い、W杯終了後にセルビアとモンテネグロが別々に代表チームを結成することになるということです。

スポーツはいつの時代も国際政治の影響を受けます。ユーゴ崩壊後の新ユーゴ(セルビア・モンテネグロ)の代表チームは、92年の国連決議によってFIFAとUEFAの国際大会からの締め出しを受けています。数年後に国際大会に復帰しましたが、今回は分離となりました。W杯後は、セルビアが代表チームを継承し、この後行われるUEFA選手権の予選に参加することになりそうです。モンテネグロは新国家となるので、新たにFIFAやUEFAに加盟しなければならないとすると、2008年のUEFA大会に間に合うかどうか。

今回の統一チームのメンバーはほとんどセルビア人ですが、少数モンテネグロ人も含まれています。W杯後に分離が決まっている最後の統一チームの一員として戦うというのは、心理的にはどのように影響するのでしょう。

ドイツW杯では、アルゼンチンやオランダと同じ「死のCグループ」に入っています。初戦はオランダに1-0で惜敗しましたが、残り試合で統一チームの底力を出してほしいですね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

アルゼンチンはゴール前が素早く、確実に決められるし、日本のチームなんかとは格が違いますね。セルビアモンテネグロのディフェンスが悪いわけではないのに、あんなに素晴らしい攻撃されたら仕方ありません。
いい試合がいくつも見れてシアワセです。

◆怪物さん

ユーゴスラビア時代は本当に強豪でしたね。今でも旧ユーゴのチームはけっこう強いですが、やはり国が分離してそれぞれが一回り小粒になってしまったんでしょうか。

ストイコビッチなつかしいですね。

◆tea@homeさん

今回の大会は本当にチームの「格」というのがそのまま結果に繋がっている印象を受けますね。決勝トーナメントが楽しみですね。

おはようございます。今朝はアルゼンチン対オランダ見てます。早起きだしワールドカップモードになってるので、生中継ラクに見られるようになりました。
でもブログしながらだから、あまり身を入れてないんですけどね。
どちらも強いチームです。0-0のまま、今後半11分です。

現地では夜9時キックオフ。僕もネットしながら見てますよ。

今朝はブラジル戦、やはり早起きしてみてます。玉ちゃんの奇跡のゴールのあとは、予想通りになってきました。ブラジルが勝たせてくれるわけはないんですよね・・・
決勝リーグを楽しみにすることにします。

ベスト16は強豪国が残りましたね。日本戦のことは忘れて、ワールドカップならではのレベルの高い試合を楽しみましょう。

アクセス数


にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ オーストリア情報へ
プロフィール

mickey10044

Author:mickey10044
男性。1999年より国連職員。

インド、ジュネーブ、ニューヨーク、ボン、ウィーンを経て、現在はイタリア・トリノの国際機関に勤務。IT部門のチーフ。PMP,CISSP。

mickey10044#hotmail.com
(#は@に変換)

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
Locations of visitors to this page