FC2ブログ

ドイツ人は血液型を知らない

先月生まれた娘の血液型をまだ知りません。日本では、血液型と言えば、性別、体重、身長の次ぐらいに重要な情報になりそうですが、こちらではちょっと様子が違います。

娘が生まれてすぐ病院で採血され、血液のサンプルはわざわざハノーバーにある研究所まで送られて精密に検査されたのに、結果は「問題ありません」と言われただけ。血液型は教えてもらえませんでした。

そもそもドイツでは、大人になっても自分の血液型を知らない人が多いと聞きます。血液型とは、あくまでも輸血などする場合に病院で必要な「医学的」な情報でしかなく、日本のように性格占いに使われたり、個人のプロフィールの一部になることはないのだそうです。よく、日本で売っているサイン帳やアドレス帳には、出身地や誕生日と並んで血液型を記入する欄がありますよね。あれを海外の友人に書いてもらおうとすると、「何で血液型を知りたいの?」ということになったりするんでしょうか?

そうは言っても、知りたいものは知りたいので、娘の血液型はそのうち調べようと思います。
baby feet

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

こんにちわ!そうですねー。アメリカ人のスティーブくんも知りませんでした。そういえば、お医者さんだけが知ってればいいのかも??
今年は、もうすぐ、ボストン行ってきます。これからもルーズベルトのご縁を大事にしたいので、リンクさせてくださいね!(*^o^)乂(^-^*) どうぞよろしくお願います!

チェシャねこさん
ようこそいらっしゃいました。doblogでは大変お世話になりました。
春のボストンはとても気持ちよさそうですね。楽しんでください。
これからもよろしくお願いします。

赤ちゃんの血液型は生後1年くらいまで正確に判定できないそうですよ。何やらお母さんの血液型が混じるそう。
でも日本人には血液型の性格判断が科学的に解明出来るのではないかと思っている人多いですよね。特にB型の性格判断には特徴があるせいか、「B型だから・・・」というフレーズが良くも悪しくもよく使われる気がします。

chuさん
それは知らなかった。ってことは、大きくなってから調べ直したら、実は自分の血液型が違ってたということがあるわけ?うちの5歳児は本当にA型かな?

アクセス数


にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ オーストリア情報へ
プロフィール

mickey10044

Author:mickey10044
男性。1999年より国連職員。

インド、ジュネーブ、ニューヨーク、ボン、ウィーンを経て、現在はイタリア・トリノの国際機関に勤務。IT部門のチーフ。PMP,CISSP。

mickey10044#hotmail.com
(#は@に変換)

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
Locations of visitors to this page