FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヴェスヴィオ山、富士山、浅間山、夢か誠か

週末はずっと読書でした。その中の一冊は、ローマ人の物語(文庫版)の23巻、皇帝ティトゥスの時代のあたり。西暦79年のヴェスヴィオ火山噴火によるポンペイ埋没の話も出てきました。ティトゥスのことは知らなくても、ポンペイのことは耳にしたことはあるはず、と塩野七生さんが言っていますが、僕もその一人。それはさておき。。

その夜、息子に読み聞かせた本は「富士は生きている」という、富士山の噴火の話。補習校の図書館から借りてきた本で、「これも噴火の話かぁ」なんて思いながら読んであげました。富士五湖の西湖と精進湖は昔は一つの湖で、西暦864年の噴火で溶岩が流れこんで、湖を二つに分けてしまったのだそうです。そして、湖上の溶岩で埋め立てられた部分が、現代の青木ヶ原樹海であると。これは面白い話でした。

そして同じ日の深夜、テレビのニュース番組で目にしたのが、浅間山の噴火の本物の映像。どっきりカメラ(ちと古いかな?)かと思いました。これで、火山の噴火が夢にでてくるのは間違いありません。。。。



地元の新聞にも、浅間山の記事が載っていました。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

はじめまして。「富士は生きてきる」、小学校高学年の時(25年以上前のことです)に国語の教科書に載っていたのを覚えています。内容は25年たっても変わっていないのかなあと思いました。

Kさんへ

そうですか、国語の教科書に載っていましたか。光村ライブラリーの本は、過去に教科書に載ったような話を寄せ集めて編集されているので、読みやすい話が多いです。うちの息子は高学年向けとは知らず借りてきたようで、自分では読めなかったので、解説をつけて読み聞かせてあげました。

アクセス数


にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ オーストリア情報へ
プロフィール

mickey10044

Author:mickey10044
男性。1999年より国連職員。

インド、ジュネーブ、ニューヨーク、ボン、ウィーンを経て、現在はイタリア・トリノの国際機関に勤務。IT部門のチーフ。PMP,CISSP。

mickey10044#hotmail.com
(#は@に変換)

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
Locations of visitors to this page

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。