FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MBWA

MBA(経営学修士)のスペルミスではないですよ。MBWAです。

MBWAとは、Management By Wandering AroundまたはManagement By Walking Aroundというマネジメント手法のことで、「歩き回りマネジメント」とでも言うのでしょうか。プロジェクトマネージャーも仕事の9割の時間はコミュニケーションに使うと言われていますが、これはマネジメント全般に当てはまります。

MBWAは、「手法」というほど大げさなものではありませんが、部下のところへ行って、インフォーマルな会話をできるだけ頻繁にすることによって、仕事の状況を把握したり、こちらが期待していることをうまく伝えられたり、問題点を早期に発見できたり、そして何より重要なのは、信頼関係がより深まるというもの。トヨタの「現地現物」とも通じる部分があるかも。MBWAはインフォーマルに行うというのが大事で、マイクロマネジメントにならないように注意する必要があります。そして部下全員に対して片寄りなく行うのがコツだとか。当たり前のことのように思えますが、できていないマネージャーはたくさんいるし、あえて意識して実施するとチーム運営がよりうまくいくと最近実感しています。

そう言えば、新卒で入った会社の新入社員だったころ、社員研修で「ほう・れん・そう」という言葉を習いました。ちょっと古い言葉でしょうか?報告、連絡、相談をきちんとすることは、仕事を円滑に進める大切なコミュニケーションツールであるという意味でしたね。しかし、マネージャーはこの報・連・相を受け身で待っていてはいけないというのがMBWA。国際機関は、日本の大部屋の職場と違って、個室や少人数の相部屋になっていて仕事環境が仕切られているので、歩き周ることはとても大事。ボンに戻ったら、今までよりもっと足を使って仕事をしようと思います。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コミュニケーションは大事です

どーも ほんまそのとおりですよ~ 仕事の話だけやなくって ふつーーの話をいろんな人としてる方が 困った時でも 仕事がスムーズに行きますよ。 

上司、同僚、部下とのコミュニケーションは かなり大事ですね。 たいがいこれが出来ない人は その部署の仕事があまりうまくまわってないように思えます。

私も仕事場が最近変わったので なるだけ、他の人に挨拶とたわいのない会話をするように心がけてます。 特に文化が違うと考え方や手法が違うので 普段の何気ない会話に その人の考え方や 行動バターンが見え隠れするので 助けられますよ。 

オランダのうしさんへ

個室で仕事をする文化にまだ慣れていなかった頃(だいぶ昔ですが)は、職場でのコミュニケーション不足に戸惑ったものでした。

まわりの人とのたわいない会話、必要ですね。仕事に役に立つというだけでなく、そもそも職場をそういう雰囲気にしておく方が、毎日が楽しくなりますね。仕事のまじめな話をするときでも、会話の導入で前回話した日常の話題から入ったりとか、コミュニケーションの潤滑油になりますね。

アクセス数


にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ オーストリア情報へ
プロフィール

mickey10044

Author:mickey10044
男性。1999年より国連職員。

インド、ジュネーブ、ニューヨーク、ボン、ウィーンを経て、現在はイタリア・トリノの国際機関に勤務。IT部門のチーフ。PMP,CISSP。

mickey10044#hotmail.com
(#は@に変換)

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
Locations of visitors to this page

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。