FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワークライフバランス

ワークライフバランス、何年か前から日本でもしきりにこの言葉が使われているようですね。もちろんドイツでも話題に上がります。日本と比べたら十分バランスがとれているように見えるので、「冗談はやめてくれ」と最初は何度も思いましたが、ドイツはドイツのレベルで、ワークライフバランスの改善を真剣に論議しているのです。フランスやイタリアでもきっと同じことなのでしょう。

先日テレビを見ていたら、日本の企業の人事担当者がワークライフバランスの改善への取組みについて解説していました。でもその内容と言えば、単に会社に拘束される時間を短くするか、休暇などをもっとフレキシブルに取りやすいようにするとか、そんな話ばかり。基本的には、会社の中と会社の外で過ごす時間の割合ばかりに関心があるような感じでした。

本来ワークライフバランスとは、ワークとライフの両方が充実し満足いくようにするための考え方のはず。仕事の時間的な負担が減って、家族と過ごす時間が増えれば、即みんな幸せというような単純なものではないはずなのですが。。。。

例えば国連の職場を例に上げると、
・仕事外の時間を使って学位を取得するための学費の何割かを機関が援助してくれる制度があります。やりたかった勉強ができ、しかも職場にも応援してもらい、それによって将来また上級ポストへ昇進するための土台になります。
・他には、特に途上国の勤務で、国際機関への配偶者の雇用を支援するDual Careerというネットワーク。国をまたがった異動は無理をすると配偶者のキャリアを犠牲にして、人生設計を狂わすことになります。配偶者の「ワーク」へのサポートは、家族の「ライフ」へのサポートであり、異動する本人の「ワーク」へのサポートにまた戻ってきます。
・国連の大きなオフィスでは、語学研修を受けることができます。勤務地によっては家族も受講できたりします。異なる言語圏への異動の多い国連職員にとって、配偶者の現地語の習得は、生活の質や安全にかかわることなのでとても大切です。このあたりはまだまだ改善の余地がありそうですが。

僕の見たところ、「ワークライフバランス!」という言葉を叫んでいる人に限って、すでに勤務時間が短く、さらに時短したいだけの人が多い。「ライフ」を充実させてそれをどう「ワーク」の質の向上に結び付けるか、それによって家族と一緒に納得いく人生設計ができるか、というもっと本質的なバランスを考えている人は、この流行語をそんなに軽々しく口にしないような気がしますが、気のせいでしょうか?

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

はじめまして。ラルフinWPROinマニラです。

同感です。日本の霞ヶ関にいると正直なところ分からなかったものが、国連の組織にいると見えてくることもあるのだと思いました。会社だけでなく、自分だけでもなくて、家族みんなで幸せになる、そのために仕事はどうあるべきなのか?
今後も興味深い記事、楽しみにしています♪♪♪

ラルフさんへ

ラルフさんのブログは以前から存じております。
マニラは大変な状況なようですね。生活や仕事には支障はありませんか?

国連に限らず、違った社会や組織に身を置いてみると、今まで見えなかったものが見えたり、
よく考えるようになったりしますね。

アクセス数


にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ オーストリア情報へ
プロフィール

mickey10044

Author:mickey10044
男性。1999年より国連職員。

インド、ジュネーブ、ニューヨーク、ボン、ウィーンを経て、現在はイタリア・トリノの国際機関に勤務。IT部門のチーフ。PMP,CISSP。

mickey10044#hotmail.com
(#は@に変換)

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
Locations of visitors to this page

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。