FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コソボ独立宣言を祝う人たち

2月17日(日曜日)、快晴のシュトゥットガルトの宮殿広場(Schlossplatz)にて。気持ちのいい一日でした。

コソボ独立宣言を祝う人たち コソボ独立宣言を祝う人たち コソボ独立宣言を祝う人たち


写真に写っている赤い旗(双頭の鷲のデザイン)は、実はアルバニアの旗。これはコソボの住民の大多数がアルバニア系であることと、コソボの地域を示す独自の旗がこれまで存在しなかったため。それにしても、ここドイツでお祝いムードがこれだけ盛り上がるとは思いませんでした。ところで、独立とともに新たに制定されたコソボの国旗は、青地にコソボの国土を黄色であらわした旗だそうです。

今後、国連のUNMIKによる暫定統治から、EUのEULEXに行政監督が引き継がれることになるので、UNMIKの同僚たちの動きも慌ただしくなることでしょう。

コソボ問題はまだまだこれからだと思いますが、独立は良くも悪くも大きな変化に違いありませんね。あの旗を振っていた人たち、いろんな立場の人がいるのでしょうが、それぞれどんな気持ちでこの独立のニュースを受け止めたのだろうかと、思いを馳せた一日でした。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

こちらもすごい騒ぎでしたよ~。驚きました。ドイツにもアルバニア系のひとたくさんいるんですね。

えりさんへ

ジュネーブはいろんな国籍や民族の人たちが住んでいるから、きっとこちらより賑やかだったでしょうね。

アクセス数


にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ オーストリア情報へ
プロフィール

mickey10044

Author:mickey10044
男性。1999年より国連職員。

インド、ジュネーブ、ニューヨーク、ボン、ウィーンを経て、現在はイタリア・トリノの国際機関に勤務。IT部門のチーフ。PMP,CISSP。

mickey10044#hotmail.com
(#は@に変換)

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
Locations of visitors to this page

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。