FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハロー効果

ある組織のメンバーが、専門家・技術者として一流の実績を残したといってその報酬としてマネージャーに昇進させ、専門家・技術者のグループをリードする立場に仕立てるというのは簡単なことではありません。それは本人次第ですが、うまくいかないことも多いのです。

僕の部下の一人は、エンジニアとして一級の実力を持っていて、しかも昇進の野心も十分に持っています。でもマネージャーになるためにはまだまだソフトスキルが足りないように僕には見えるのですが、本人はそれに気がついていないようなのです。上司の僕としては、前途有望な彼のキャリア開発を全面的にサポートしてあげたいので、あえて昇進のタイミングはあせらないようにしてあげようと思っています。

ハロー効果(halo effect)という心理学の用語があります。wikipediaによると、「ある対象を評価をする時に、顕著な特徴に引きずられて他の特徴についての評価が歪められる現象の事」と説明されていますが、組織の人事における上のような例にも「ハロー効果」という言い方をすることがあります。ある一人の職員の人事でハロー効果の失敗をすると、第一線の専門家を失い無能なマネージャーを作り上げることになり、短期的には2つのポストを無駄にすることにもなりかねません。

ところで、ハロー効果の「ハロー(halo)」とは、「後光が差す」の後光とか、聖像の光輪の意味だそうです。アップルのiPodやiPhoneのハロー効果のおかげで、マックの売り上げが上がったとか上がらないとか、最近のニュースではそんなポジティブな使われ方をしているようですね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

アクセス数


にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ オーストリア情報へ
プロフィール

mickey10044

Author:mickey10044
男性。1999年より国連職員。

インド、ジュネーブ、ニューヨーク、ボン、ウィーンを経て、現在はイタリア・トリノの国際機関に勤務。IT部門のチーフ。PMP,CISSP。

mickey10044#hotmail.com
(#は@に変換)

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
Locations of visitors to this page

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。