FC2ブログ

新学期のプレゼント(シュールテューテ)

ボンのあるノルトライン・ヴェストファーレン州では、8月第2週に公立少学校(Grundschule)の夏休みが明け、新学年が始まります。職場のドイツ人の同僚は、子供の学校初日に合わせて休暇をとり、朝、子供にシュールテューテSchultüte - 学校袋)と呼ばれるプレゼントをあげて、学校まで一緒に行ったそうです。

シュールテューテ

このシュールテューテとは、カラフルな画用紙でとんがり帽子の形の容器をつくり、その中に、お菓子、あめ、クレヨンなどを詰めたバックで、新学期が始まり不安な子供の心を、少しでも「甘く」するための、親からのプレゼントなのだそうです。この習慣は、19世紀に東部のザクセン州やチューリンゲン州で始まり、今ではドイツ全土で行われています。

うちの息子が通うインターナショナルスクールは、公立校より夏休みが長く、8月第4週から新学期です。うちでもドイツの風習にならって、シュールテューテを作ってみました。まぁ、うちの息子は、新学期を不安がるようなタイプではないのですが。。。

シュールテューテ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

アクセス数


にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ オーストリア情報へ
プロフィール

mickey10044

Author:mickey10044
男性。1999年より国連職員。

インド、ジュネーブ、ニューヨーク、ボン、ウィーンを経て、現在はイタリア・トリノの国際機関に勤務。IT部門のチーフ。PMP,CISSP。

mickey10044#hotmail.com
(#は@に変換)

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
Locations of visitors to this page