スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海外生活を楽しむ

家族で外国暮らしを始めると、仕事をしている本人やその子供は職場や学校という居場所があり、知り合いも早くできて、語学の問題も少ない。一番苦労する可能性の高いのは、現地で仕事を持たない配偶者だと一般的に言われていますね。(もちろん家族によってこの辺の事情はまちまちでしょうけど)

さて、我が家の場合、今まで生活してきたどの場所でも、妻が現地の環境への適応性が最も高いのです。ニューヨークにいたときでも、今いるボンでも、知り合いの数は家族の中で一番多そうな気がします。最近などは、近所ですれ違う韓国人は全員顔見知りのような感じで、一緒に歩いていると驚きます。

妻は定職にはついていませんが、子育ての傍ら、どんなことをしているかというと、NYでは絵本読み聞かせのボランティア団体を立ち上げたり、地元の保育園に臨時でお遊戯を教えに行ったりしていました。日本語教授法を習ったこともあり、今でも外国人向けの日本語クラスを自宅で開講したり、日本人の子供向けの日本語の補習サークルのようなことをしたり、もちろん自分のために語学学校に通ったりと、人と触れ合う場所にいつもいて、どこに住んでいても忙しそうにしています。

僕の仕事の都合で、家族をあちこち連れまわしている立場からすると、こういう風にしていてくれるのは、本当にありがたいことです。
スポンサーサイト

8年がかりの「翔ぶが如く」

今日、司馬遼太郎の「翔ぶが如く」(文庫本全10巻)を読み終えました。この小説を読み始めたのはなんと8年前、偶然にもの今日と同じ2月22日。なぜ日付を具体的に覚えているかというと、ジュネーブからニューヨークに転勤することになり、2001年2月22日にニューヨークに向かう飛行機の中で読み始めたから。

いつも5ページか10ページぐらい読むと本棚に戻し、また忘れた頃に続きを読むということを繰り返して8年。もちろんこの10巻を読む間に、他の本は次から次へと読み終わっていったわけですが。。。難解な本というわけではないのに、なぜか「翔ぶが如く」はこういう読み方になってしまいました。

小説は明治維新後、西郷隆盛の征韓論から西南戦争までの約7年間の話。物語の進行とほぼ同じスピードで本を読み進めてみると、最初のシーンを思い出すときの時間感覚が実生活とほぼ一致するので、不思議な気分になります。

8年前、ニューヨークのアッパーウエストサイドのアパートに着いて、翌日の初出勤の日は雪が降っていたっけ。西郷隆盛や大久保利通の人生の波乱とは比べものにはならないけど、自分の周りの環境も第一巻の時と比べると随分変化があったものだなぁと感慨に耽ってしまいます。とにかく読み終わって本当にすっきり。

漢字検定

明日は、息子が10級、僕が3級、二人とも初めて漢字検定を受けてきます。勉強しろしろと尻を叩くだけでなく、親が自ら勉強している姿を子供に見せることができたかな。

さて、3級は中学卒業程度ということですが、四字熟語は中学レベルにしては難しいものが結構あります。最後の復習ついでにここに書いてみます。

 深山幽谷 酔生夢死 衆人環視 権謀術数 円転滑脱
 天衣無縫 多岐亡羊 率先垂範 眼光紙背 脚下照顧
 冷汗三斗 比翼連理 直情径行 深謀遠慮 道聴塗説
 勤倹力行 怒髪衝天 換骨奪胎 大慈大悲 千篇一律

どうでしょう。中学レベルに見えますか?

ヴェスヴィオ山、富士山、浅間山、夢か誠か

週末はずっと読書でした。その中の一冊は、ローマ人の物語(文庫版)の23巻、皇帝ティトゥスの時代のあたり。西暦79年のヴェスヴィオ火山噴火によるポンペイ埋没の話も出てきました。ティトゥスのことは知らなくても、ポンペイのことは耳にしたことはあるはず、と塩野七生さんが言っていますが、僕もその一人。それはさておき。。

その夜、息子に読み聞かせた本は「富士は生きている」という、富士山の噴火の話。補習校の図書館から借りてきた本で、「これも噴火の話かぁ」なんて思いながら読んであげました。富士五湖の西湖と精進湖は昔は一つの湖で、西暦864年の噴火で溶岩が流れこんで、湖を二つに分けてしまったのだそうです。そして、湖上の溶岩で埋め立てられた部分が、現代の青木ヶ原樹海であると。これは面白い話でした。

そして同じ日の深夜、テレビのニュース番組で目にしたのが、浅間山の噴火の本物の映像。どっきりカメラ(ちと古いかな?)かと思いました。これで、火山の噴火が夢にでてくるのは間違いありません。。。。



地元の新聞にも、浅間山の記事が載っていました。

アクセス数


にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ オーストリア情報へ
プロフィール

mickey10044

Author:mickey10044
男性。1999年より国連職員。

インド、ジュネーブ、ニューヨーク、ボン、ウィーンを経て、現在はイタリア・トリノの国際機関に勤務。IT部門のチーフ。PMP,CISSP。

mickey10044#hotmail.com
(#は@に変換)

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
Locations of visitors to this page

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。