スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インターン

今、うちの職場で高校生がインターンとして働いています。国連の職場ではふつうは大学院生しかインターンとして取らないので、あれ?っと思った方もいるかも知れませんが、ドイツの職場では例外的に高校生インターンを受け入れる制度があります。

学校によって違いはあるようですが、ドイツの学校のだいたい11年生の頃(日本の高2に相当?)に、働く先を生徒が自分で探し出して、仕事を体験することになっています。ここボンの国連も現地の学校の制度を支援するために、生徒を受け入れることができるようになっているというわけです。

僕のグループにインターンを受け入れるのは、これで3回目ですが、高校生は初めてです。ところでこの高校生の男の子、どうやって僕の職場を探し当てたかというと、うちの息子(7歳)が土曜日に通う日本語補習校の高校生なのです。インターンシップの受け入れ先を探すのは、さぞかしたいへんなことでしょうから、僕としても受け入れてあげることができて、本当に良かったです。

自分が高校生だった時のことを思い出すと、、、、きっと知らない大人ばかりの職場に突然放り込まれたら、すごく不安だったでしょうね。しかも大学院生ではなくて高校生です。僕の方も彼にいったいどんな仕事を割り振ったものかと、最初は悩みましたが、何のことはない、英語、ドイツ語、日本語に堪能で、パソコンもインターネットも難なく使いこなす彼はなかなかのもの。初日からしっかり仕事を手伝ってもらってます。

来週には学校の先生が職場を見学に来るとのこと。先生英語しゃべるかな....インターンの受け入れ、なんだか僕にとっても珍しい経験なので、楽しんでいます。
スポンサーサイト

アクセス数


にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ オーストリア情報へ
プロフィール

mickey10044

Author:mickey10044
男性。1999年より国連職員。

インド、ジュネーブ、ニューヨーク、ボン、ウィーンを経て、現在はイタリア・トリノの国際機関に勤務。IT部門のチーフ。PMP,CISSP。

mickey10044#hotmail.com
(#は@に変換)

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
Locations of visitors to this page

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。