スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドイツのガソリン価格

ガソリン価格が本当に高いです。スリランカの慶長さんによると、シンガポール>日本>スリランカ>インド>アメリカの順で高いそうですが、ヨーロッパでの価格はそのはるか上を行っています。

ガソリンスタンド


上はドイツのガソリンスタンドでの価格です。1リットルで1.52ユーロ(252円!)。安いとされてきたディーゼルでも、最近は大差ありません。

ところで話はそれますが、ドイツのガソリンにはオクタン値の区分が3段階あり、「レギュラー=91」「Super=95」「Super Plus=98」となっています。日本はレギュラーがだいたい90、ハイオクが98ぐらいでしょうか。我が家のトヨタ車はSuper指定なので、日本のレギュラーとハイオクの中間のガソリンということになります。
スポンサーサイト

ひまわり

長男がベネッセの進研ゼミ(チャレンジ)を受講しているのですが、その中にひまわりの観察の教材がありました。ただ、海外受講生の元には、検疫の関係で肝心のひまわりの種と土が届きません。(去年のおじぎ草の栽培セットもそうでした。)そこで、近所の店でひまわりの種を買ってきて、長男に栽培をやらせてみました。

himawari ひまわりグラフ

2か月で133センチまで伸びましたが、来週から日本に1か月行くので、残念ながら花を見ることなく観察継続を断念。がんばって作っていたエクセルのグラフもここまで。ひまわりは日本語補習校の友達の家でもらってくれることになりました。

最高で2メートルまで伸びる種類だったようで、バルコニーで栽培するにはちょっと大きすぎたかな。。。

軒下の同居人

EURO2008のドイツ対クロアチア戦の真っ最中に、郊外の大型スーパーREALに長男の誕生日プレゼントを買いに行ったら、駐車場も店の中もガラガラ。閉店かと思うくらい全く客がいませんでした。みんなサッカー好きなんですねぇ。

家のバルコニーの壁に造花のリースが掛けてあるのですが、数ヶ月前の週末、家を留守にしている間に、こういう状態(↓)になっていました。リースの真ん中に、枯葉や木の枝が詰め込まれ、真中に小さなが穴のあいた鳥の巣になっていたのです。
バルコニーのリース


昨日、黒っぽくて小さな(スズメより小さい)鳥が出入りしているのを見かけました。鳥が留守中にリースをはずして裏から巣を覗いてみると.....
鳥の卵
中には小さな卵が6個も!巣の内側は草や鳥の羽が敷き詰められて、ふかふかでした。きっと作るの大変だっただろうなぁと思うと、リースを片付けられなくなってしまいました。こんな狭い巣で、ちゃんと孵化するんでしょうか。

創世記のテーマパーク Genesis Land

ハイデルベルクの近くに、創世記に関するテーマパーク(Genesis Land)を建設する計画があるそうですね。創世記のテーマパークって何のこと?と思うかもしれませんが、そう、あの旧約聖書に出てくる天地創造、アダムとイブ、ノアの方舟とかのあの創世記のことです。

そんな聖書の世界を遊園地にして、いったい人気が出るのだろうかと思ったら、すでに前例がありました。アメリカのオーランドにはすでに、Holy Land Experienceという聖書の世界のテーマパークがあり、年間入場者数50万人を集めるスポットなのだそうです。 ディズニーワールドに行くついでに立ち寄るのでしょうか。ウェブサイトにはVisit Jerusalem in Orlando! なんて書いてあります。なるほど、たまにはこういうのも面白いかもしれません。

さて、ドイツのGenesis Land。アイデアとしては創世記研究の盛んなドイツらしいと言えばそうなのですが、「創造論」と「進化論」の論議が出てきたり、地元のプロテスタント教会にも反対され、メディアにはアンチ・ダーウィン遊園地なんて言われたりもしている段階なので、実際に建設されるかどうかは怪しいところです。近所にできるんだったら、個人的には興味ありますけどね。あぁ、15年前に行ったイスラエルにまた行ってみたくなりました。。。

国境

長男(もうすぐ7歳)と一緒にお風呂に入ったときのこと。タイルの壁に貼ってある日本地図を見て、「上の方はここまでが日本?」とちょうど北方領土のあたりを指して言いました。そこで僕は、日本の地図ではこの島は日本の一部だけど、ロシアの地図ではロシアの一部ってことになっていて、日本とロシアはこの島のことでけんかをしている、というような簡単な説明をしてあげました。納得いかないようでしたが、その時は北方領土の話題はそれだけで、あとは長野や青森はりんごがおいしいとか、香川はうどんがおいしいとか、地図を見て食べ物の話ばかりしていました。

何日かして、息子がふと思い出したように、「ロシアと日本がけんかしている島あったでしょう。あの島はさぁ、他の国の地図では日本とロシアのどっちになってるの?」と聞いてきました。「それはすごくいい質問だ。一緒に調べてみよう。」と、家にあったアメリカ、イギリス、中国で出版された世界地図を2人で調べてみました。

すると結果は、アメリカ(Rand McNally社)とイギリス(オックスフォード大学出版)の地図はロシア領土、中国(中国地図出版社)の地図は日本領土でした。息子はとても驚いて、そして不思議そうにしていました。それにしてもいい質問だったなぁ。自分で調べてわかったことは後々までよく覚えているんでしょうね。

熱い心と、冷たい頭をもて

NHKの「プロフェッショナル仕事の流儀」の5/27放送分を、今日こちらの日本語放送で見ました。今回紹介されたのは、国連高等弁務官事務所(UNHCR)のウガンダ・リラ事務所長の高嶋由美子さん。僕と同じ国連職員です。そして年齢、勤務年数まで同じ。だけどその仕事の環境のあまりの違いに、映像を見て衝撃を受けました。やはり「現場」はすごい。

番組の密着取材の内容は、まさに数ヶ月前にケニアで起こった暴動によって、国境を越えてウガンダへ逃れてきた難民キャンプへの支援活動の内容。UNHCR職員としての自分の行動や決断の一つ一つが、難民の方たちの今後の人生を大きく左右する仕事。「やりがいのある仕事ですね」と言うことは簡単ですが、本部勤務を続けている僕には想像できないプレッシャーやストレスがついてまわる仕事なのだと思います。

「熱い心と、冷たい頭をもて」
Cool head, warm heart by Alfred Marshal (YHさん、教えていただきありがとうございました。)
難民のことを思う「熱い心」とともに、一歩引いて全体を見ながらあらゆる手段を考える「冷静な頭」も必要。緒方貞子さんが昔おっしゃっていたそうで、高嶋さんが忘れずに大切にしている言葉。僕も心に刻みつけました。

アクセス数


にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ オーストリア情報へ
プロフィール

mickey10044

Author:mickey10044
男性。1999年より国連職員。

インド、ジュネーブ、ニューヨーク、ボン、ウィーンを経て、現在はイタリア・トリノの国際機関に勤務。IT部門のチーフ。PMP,CISSP。

mickey10044#hotmail.com
(#は@に変換)

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
Locations of visitors to this page

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。