スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生徒の国籍

息子の通うインターナショナルスクール(3歳~18歳)は生徒総数が約500人で、その国籍の数は、先月末現在61だそうです。その分布は、地元ドイツが最大で25.7%、そのあとアメリカ、イギリスと続きます。アジアからは韓国(2.7%)とインド(2.3%)が多く、日本はたったの1%しかいません。以下が国籍別人数上位。

ドイツ 25.7%
アメリカ 16.9%
イギリス 6.7%
オランダ 3.9%
カナダ 3.7%
オーストラリア 3.5%
イタリア 3.1%
韓国 2.7%
スペイン 2.7%
インド 2.3%
フランス 1.5%
アイルランド 1.4%
ポーランド 1.4%
スイス 1.4%
ベルギー 1.2%
ノルウェー 1.2%
ロシア 1.2%
シンガポール 1.2%

多重国籍の子供がたくさんいるのですが、一人国籍一つずつしかカウントされていないそうです。ところで、日米2重国籍のうちの息子は、日本人のカウントにも入っているのかな?アメリカのカウントに入っているような気もします。

去年の学校のインターナショナルデーで、生徒の家族が出身国の食べ物を持ち寄る企画がありました。うちも寿司を持って参加することにしたのですが、同時にアメリカグループからも手伝ってほしいと誘いのメールを受けました。「アメリカ人家族すべてに案内を出しています」とのこと。息子が米国籍を持っていることは確かですが、僕たち親はアメリカ人ではないので、なんだか不思議な気分でした。上のリストの通り、日本グループを手伝わないと人数が足りなくなり大変なので、申し訳ないとは思いつつ誘いはお断りしました。後で聞いたら、とにかく人数がたくさんいるので全然大丈夫だったとか。

アジアやアフリカの国籍がもっと増えたら、この学校はもっとインターナショナルスクールらしくなっていいと思うのですが、すぐには変わらないでしょうね。

ところで、ボンに住む外国人(約43000人、人口比13%)の国籍別人数順位は上のリストとは全く違った順位になります。これはとても興味深いデータなので、ここに載せてみます。

トルコ 15.8%
モロッコ 5.2%
イタリア 5.0%
旧ユーゴ 4.1%(セルビア+モンテネグロを指すのか、紛争前のユーゴ全体を指すのかは不明)
ポーランド 3.3%
スペイン 3.2%
イラン 3.0%
中国 2.9%
ロシア 2.8%
ギリシャ 2.6%
イラク 2.7%
フランス 2.4%
アメリカ 2.0%
スポンサーサイト

スペースシャトルが行く

Shuttle Buran 1

写真はロシアのスペースシャトル・ブラン(Buran)。9日の午前中、国連ビルの真横を、ライン川の上流に向かってゆっくり移動していきました。ブランはアメリカのスペースシャトルと形がそっくりですが、旧ソ連が独自技術を使って開発し、1988年に無人で打ち上げられたものだそうです。

ドイツのSpeyer技術博物館が、ロシアから買い取ったもので、これまで保管されていたバーレーンからロッテルダム港経由でドイツにやってきました。4月12日に博物館に到着するまでの間のBuranの位置はこちらのサイトで確認できます。お近くにお住いの方は、お子様を連れてぜひご覧あれ。

Shuttle Buran 2

アクセス数


にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ オーストリア情報へ
プロフィール

mickey10044

Author:mickey10044
男性。1999年より国連職員。

インド、ジュネーブ、ニューヨーク、ボン、ウィーンを経て、現在はイタリア・トリノの国際機関に勤務。IT部門のチーフ。PMP,CISSP。

mickey10044#hotmail.com
(#は@に変換)

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
Locations of visitors to this page

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。