スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国連本部がモントリオールへ移転?

いえ、今のところそんな計画は国連側にはありません。だって今現在、老朽化した国連本部ビルの大改築計画(キャピタルマスタープラン)が進行中な訳ですから。

これはカナダのLa Presseからのニュース。ケベック州、モントリオール市などが移転案を検討しているらしいです。高コストのNYでビルを改築して本部機能を維持し続けるより、いっそのことモントリオールに丸ごと移転してしまうほうが安く済む、というのがカナダ側の試算らしいです。まあ、詳しい試算を見なくても実際そうなんだろうなぁと思います。僕がNYからボンに転勤するときも、いっそのこと国連本部をボンに移転したら長期的な事務局予算はかなりスリム化できるのにと、個人的には「本気で」思ったものです。もちろん国連がニューヨークに居続けることには、それ以上の政治的、象徴的な意味があるのでしょうけど....

記事では、モントリオールに移転するメリットとして以下のような説明をしています:

1.超大国から距離を置ける
2.コストが削減できる
3.マンハッタンのど真ん中よりも反テロ対策が簡単
4.敷地が広い(NYの9倍の敷地が確保できる)
5.モントリオールは英語・仏語のバイリンガル都市
6.モントリオールには既にいくつかの国際機関が拠点を置いている
7.街が安全で生活の質が高い


キャピタルマスタープランがまだ実行に移されていない現段階では、モントリオールは移転案をあきらめておらず、カナダ側の担当者のコメントによると、実現可能性は2~5%だとか。国連側へ正式な提案は行われていないようですが、こういう壮大な計画、僕は好きです。

リンク:
The Gazette - The United Nations in Montreal? Don't laugh
La Presse - L'ONU dans la mire de Montréal
プロジェクトの全容(写真)
スポンサーサイト

子供と一緒に楽しむクラシックコンサート

先月のベートーヴェン・フェストに続いて、またベートーヴェンホールで開催されたコンサートに行ってきました。信頼できるインド人ベビーシッターに娘を自宅で見てもらい、今回は長男もコンサートに一緒に行きました。

今回のプログラムは、ベートーヴェン・オーケストラ・ボンの結成100周年記念祭の中の「ファミリーコンサート(Familienkonzert)」。僕がファミリーコンサートと聞いてイメージするのは、NHKの「おかあさんといっしょ」の歌のお姉さんや体操のお兄さんが出てくる、いわゆる子供向けのもの。まぁ、まさかベートーヴェン・オーケストラがそんなコンサートをするとは思いませんでしたが、それにしてもきっと、クラシック音楽を子供にもわかりやすいようにアレンジした、気楽なコンサートなのだろうなぁ、と予想していました。ところが大間違い。

普通のクラシック音楽のコンサートに比べると、会場に子供が多いことを除いては、音楽自体は大人向けのコンサートと変わらず、オーケストラの編成もきちんとしたものでした。時には泣き出す子やおしゃべりをする子もいましたが、ほとんどの子供たち(主に5歳~10歳ぐらい)は、親と一緒にとてもいい子にクラシック音楽を聞いているのです。

フルートやチェロの高校生ソリストがオーケストラに加わったり、コンサートの最後にはベートーヴェン・オーケストラ・ボンとボン青少年オーケストラ(Bonner Jugendsinfonieorchester)によるワーグナーの曲の合同演奏があったりと、10代の音楽家たちがたくさん活躍したのも印象的でした。

チケットが安くて驚きました。子供はほんの数ユーロ(数百円)で本物のコンサートホールで本物のオーケストラを聴くことができるのです。この国の音楽の裾野の広さを感じました。

伝説の珍曲「土曜日はインマーマン」

嗚呼素晴らしきインマーマン」というサイトに収録されている曲(土曜日はインマーマン、二人のインマーマン、科学忍者インマーマン、インマーマン応援歌)をお聞きください。90年代初頭、ドイツ・デュッセルドルフの日本人社会で局地的大ヒットした伝説の珍曲だそうです。(このサイトを教えてくれたボンのYokoさんありがとう!)










4曲とも同一人物(しかも当時の駐在員ご本人)が歌っているというから驚き!15年以上前に、これらのすばらしい曲をデュッセルの日本人社会に送り出したJun Komachi氏と、曲を復刻し映像とともに見事によみがえらせたshindus氏に敬意を表します。今日は曲が耳にこびりついて離れません。

♪土曜日はインマ~マ~ン、雨の日もインマ~マ~ン♪



バックナンバー:
デュッセルドルフの日本人街
ドイツの中の日本

Give me another chance!

子供が学校でどんな教育を受けているかということは、学校に見に行かなくても子供の振る舞いから少しずつ知ることができます。先日長男(6歳)が、食器を片付ける手伝いをしていて、無理をして一遍にたくさん食器を運ぼうとしたために、落として大失敗してしまいました。それを見ていた僕は、深く考えずに「これは難しいからダメ!」とその食器を取り上げて、替わりに片付けてしまいました。

長男はそれに納得がいかなかったらしく、「どうしてanother chanceをくれないの?」と珍しくつっかかってきました。僕はハッとしました。相手はまだ6歳。なんでもうまくできなくて当たり前、1度うまくいかなくたってまたやらせてあげればいいのです。

本人のやる気を大切にして、小さな成長を見守る。当たり前のことですが、親の気持ちに余裕がないときは、こういうことはうまくいかないかもしれません。another chanceの部分だけ英語になっていたので、これは学校での経験からの言葉だったのだと思います。きっと学校の先生はもう一度チャンスをくれるのでしょう。親子の信頼関係が深まるかどうかというのは、ほんの些細なことの積み重ねなのだなぁと考えさせられました。

話は飛びますが、週末早起きして、長男の大好きなF1の日本GPをテレビで一緒に見ました。TV画面にコンストラクターズポイント(チーム別ポイント)の順位が表示され、その中にフェラーリのライバル、マクラーレンの名前がないのに気がつき、長男はひどく驚いたようでした。

少し前のニュースになりますが、マクラーレンはフェラーリチームに対するスパイ行為のためFIAから制裁を受け、今期のコンストラクターズポイントが全て無効になってしまったのです。フェラーリとマクラーレンの競り合いを楽しんできた息子に、マクラーレンが悪いことをして罰せられてしまったんだと教えてやりました。

その日の夜になって思い出したらしく、「ねぇパパ、一回やっただけでもう全部なくなっちゃうの?今年はもう1点ももらえないの?」と、なんのことかと思ったら、マクラーレンのことを言っているらしい。相当ショックだったようで、応援するフェラーリが繰り上がってコンストラクターズチャンピオンになったことに対しても複雑な気持ちなようでした。そうなのだ、大人の世界は厳しいのだよ息子君。でもできれば子供に夢を与えるF1のような世界では、こんなことは起こってほしくないですね。来年まで持ち越しとは言え、another chanceはまた来ると説明してやりました。

アクセス数


にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ オーストリア情報へ
プロフィール

mickey10044

Author:mickey10044
男性。1999年より国連職員。

インド、ジュネーブ、ニューヨーク、ボン、ウィーンを経て、現在はイタリア・トリノの国際機関に勤務。IT部門のチーフ。PMP,CISSP。

mickey10044#hotmail.com
(#は@に変換)

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
Locations of visitors to this page

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。