スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

IT Helpdesk あれこれ

いろんな映像があるものですな。コーヒータイムにどうぞ。(英語です)

中世のヘルプデスク業務
新人教育編
インド編

英語圏の会社は、インドやアイルランドなどにヘルプデスク業務を外注して、24時間サポートを展開していることが多いですね。僕も取引先の会社のカスタマーサポートに電話したら、インド訛りの英語だったことが何度もありました。すばらしい対応でしたよ。
スポンサーサイト

シェンゲン協定

シェンゲン協定とはヨーロッパの出入国管理を共通化して、国境検査を省略するための協定のことで、シェンゲンビザとして知られています。

日本やアメリカなどは、短期滞在ビザ免除国なので、シェンゲンビザのことをあまり知らない人が多いですが、世界のほとんどの国のパスポートは、短期の観光でもビザなしではヨーロッパに来ることができないのです。シェンゲンビザというのは、ヨーロッパの各国のビザを個別に申請しなくても、ビザを一つとれば域内を自由に往来できるという便利なビザなのです。

シェンゲンとはルクセンブルクの小さな町の名前。町の近くのモーゼル川に浮かぶ船上で協定が調印された。)

7年前のスイス・ジュネーブ勤務の時、国境を越えたフランス側に住んでいました。国際機関の同僚達をホームパーティに招待したら、そのうちの一人から「今ちょうど、シェンゲンビザが切れていて、フランスに行けないんだよ。」という返事をもらって初めてシェンゲンビザの存在を知りました。スイスはその後協定に調印しているので、そのうち上のようなことは起こらなくなるのでしょう。

「人の自由な移動」というのはEUの基本理念なのですが、それを可能にしているのは、EUそのものではなくて、実はシェンゲン協定なのです。シェンゲン協定には、非EUメンバーのノルウェー、アイスランドが加盟しているかと思えば、EUメンバーのイギリスやアイルランドは加盟していないのだそうです。つまりEUのイギリスより非EUのノルウェーの方が、よりEUらしいということになります。ヨーロッパ大陸の人が、ヨーロッパの境界線はドーバー海峡にあるとイギリスを皮肉るのも分かる気がします。

ところで、6月6日からドイツのバルト海に面したハイリゲンダムでG8サミットが開催されますが、シェンゲン域内からの入国であってもランダムに境審査をするかも知れないそうです。(ちなみにこれは協定違反にはならないそうですね)6月6日と言えばオランダのマーストリヒトへ行く用事があるので、ちょっと心して行くことにします。ドイツ在住の皆さんは、念のため用心を!

象の赤ちゃん(ケルン動物園)

Elephant Baby
ケルン動物園では、このところアジア象の出産ラッシュと聞き、さっそく見に行ってみました。
いたいた、まだ赤ちゃんだというのに上手に歩けるものですね。それに比べて人間の赤ちゃんはまったくいつまでも世話の焼けること。

Monkey Baby
こちらは、猿の赤ちゃん。家族に囲まれて大事にされていました。
人間も動物も、赤ちゃんを可愛いと思う気持ちは同じなのですね。

電話漬けの一日

今日は朝から仕事であっちこっち電話をかけました。かけた先は、インド、ネパール、フィリピン、スーダン、ケニア、コソボ、アフガニスタン、ナイジェリア、極めつけはマラウイ!(マラウイの場所わかりますか?アフリカ大陸のモザンビークとザンビアに挟まれた高原の国です。)1日でよくこれだけかけました。ナイジェリアとかマラウイなんて生まれて初めて電話しました。

普段、たいていの仕事はメールで用が済んでしまうのですが、今日はどうしても色んな人と話し合う必要があったので、せっせとWorldTimeServer.comで時差を確認して、珍しくかけまくったのでした。ネパールは標準時+5時間45分という中途半端なタイムゾーンなのですが、どうしてこんなことになってるんでしょう?

今日かけた中では、ドイツ-ナイジェリア間の通話が、意外にも一番クリアな音声でした。しかも相手は携帯だったのに、まるで内線電話で話しているのではないかと思うほどでした。逆にコソボは、同じヨーロッパ内だというのにノイズがひどく、用事が半分も済みませんでした。明日朝一番でもう一度トライしなければ。

英語力

国際機関で勤務をするようになってから、毎日英語を使って仕事をしていますが、まだまだネイティブスピーカーと同じようにという訳にはいきません。文法や表現方法を間違えることはしょっちゅうだし、知らない単語にもしばしば遭遇します。

だからと言って、英語のネイティブスピーカーだから英語が上手かというと、必ずしもそうとは言えません。アメリカ人やイギリス人の部下(技術系)が書いた文章の文法ミスを直したり、レポートの章立てを校正してあげたりということを、ノンネイティブの僕がやることもあるのです。きっと学生時代にエッセイライティングやビジネスライティングの訓練をあまり受けて来なかったのでしょう。流暢にしゃべるのと、きちんとした文章を書くのはまったく別の力ということ、これは日本語でも同じことですね。

一般事務職のイギリス人女性のAさんは、部下たちと違い英語の文章の校正がとてもうまいので、大切な書類を作った時など、時々見てもらうことがあります。Aさんは、「自分は校正が得意だ」と言うだけのことはあって、実に正確な校正をしてくれます。彼女から赤ペンの入った「答案」が戻ってくるたびに、英語をもう少しレベルアップしたほうがいいかなぁと今更ながら思ったりします。

欧米か!

「欧米か!」という、あの漫才のつっこみ、ほんの最近知りました。何ですかあれは?

海外にいると、日本のテレビでブームになっているようなことを1年以上遅れて知ったりこともあるのですが、もしかすると知る機会がないままブームが去ってしまうことも多いのかも知れません。

それにしても「欧米か」とは、なんて強引でひどいつっこみ方なんだと思いましたが、そう思ったのは一回目だけで、毎回あのくだらなさについ笑ってしまいますね。

ところで、日本ではよく、日本以外の先進国社会・白人社会を「欧米」という言葉で一括りにします。ところが少なくとも僕の感じた範囲では、ヨーロッパの人やアメリカの人は、同質な社会としての欧米という括り方をそれほどしていないようです。

僕が知るヨーロッパの人たち(フランス、ドイツ、イタリアなど)は、アメリカという国に対して、ヨーロッパとは随分違う価値観を持った国という印象を持っています。驚いたことに、「アメリカや日本のように」とか、「アメリカやアジアのように」という表現をヨーロッパ人達がよく使って、自分達と異質な部分を形容することがあります。わかりやすい例を挙げると、ワーカホリック、24時間営業のコンビニ、家族よりビジネス優先の国など。

では、アメリカに住んでいた時にどう感じたかと言うと、アメリカから見た日本やアジアと、アメリカから見たヨーロッパを比べると、距離感にはそれほど差がないように思いました。(もちろんこれはアメリカの東海岸や西海岸のリベラルな州での感覚ですが。。。)

European Flags

ドイツのお隣の国フランスでは、アメリカ式の社会を目指す新大統領が誕生しましたね。フランス社会はアメリカの対極にあるような気がしていましたが、これから変わってしまうんでしょうかね。就任式典が格調高いヨーロッパ式だったことには少しホッとしましたが。別にアメリカが嫌いと言っているのではないですよ。他の国までアメリカ風である必要はないということです。

ドイツでは、去年の憲法改正によって、あの悪名高き(古き良き?)閉店法の規制が少しずつ弱くなってきて、夜遅くまで店を営業できるようになってきました。そうすると店舗や流通で、今まではなかったシフトで働く人たちがたくさん必要になってきます。徐々にドイツ人のライフスタイルにも影響が出てくるんでしょうね。便利になるのは嬉しいのですが、ドイツにはこれからもドイツらしさを守って欲しいものです。

花火大会のはずが...

5月5日(土)は、Rhein in Flammenというライン川の花火大会だったのですが、花火の写真はありません...花火が打ち上がるのが夜11時なので、熟睡の息子を起こすことができず今年は花火はパス。

でも花火大会の日は昼間から川沿いの公園に人が集まり、仮説の遊園地で遊んだり、大人は太陽の光を浴びながらビールを楽しみます。

サッカー

これは息子が参加したゲーム。よくパブの隅っこに置いてあるサッカーゲームの人間版!

プレーヤーが横棒に固定されて、左右に動くか蹴るかしかできないという、ボードゲームの制約をそのまま人間に当てはめてしまうという本末転倒な遊びですが、子供達は喜んでいました。

サッカー
(左がうちの息子)

いつものビールやソーセージの屋台だけでなく、こんな店(↓)も。
鮭

鮭の身を板にくっつけて炭でじっくり焼いて売っています。ビールのつまみに最高!

鮭

それにしても、ドイツの人は花火だの何だの理由を見つけては外でよくビールを飲みますね。今日は天気が良かったので、ケルシュ(ケルンのビール)の屋台が大人気でした。

アクセス数


にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ オーストリア情報へ
プロフィール

mickey10044

Author:mickey10044
男性。1999年より国連職員。

インド、ジュネーブ、ニューヨーク、ボン、ウィーンを経て、現在はイタリア・トリノの国際機関に勤務。IT部門のチーフ。PMP,CISSP。

mickey10044#hotmail.com
(#は@に変換)

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
Locations of visitors to this page

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。