スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続・在外選挙

続きです。他の先進国の在外選挙制度はどうなっているかというと、概ね日本と同じ。ただ選挙人登録の手続きや、投票方法などはもっと簡素化されている国が多いみたいなので、もっと投票率は高いのでは?

ところで、さっきの記事で僕が不満を漏らした選挙区については、ドイツをはじめ「最終居住地」を在外者の選挙区とする国が多い中、イタリアとフランスはユニークです。なんと、在外選挙のための、「海外選挙区」なる独立した選挙区が存在します。

海外選挙区とはかなり大胆な制度ですが、日本だって在外邦人100万人時代、在外有権者数でも今回の衆院選では80万人以上いるとされています。小さな県なみの人口はあるわけですから、いつかはそんな時代が来るかも知れません。。。
スポンサーサイト

在外選挙

海外生活はもう10年になりますが、恥ずかしながら在外選挙というものに今回初めて行ってきました。いままでどうしていかなかったんだろう?何回かチャンスはあったはずですが、「在外選挙人証」というものを取得していなかったり、取得してからも紛失してしまったりとツキがなかったのです。

ボン在住者の場合は、70キロほど北にあるデュッセルドルフの総領事館で投票することができます。同僚から、「おっ、国民の権利を行使しに行くんだな!」なんて言われて見送られ、車でデュッセルへ。今回はしっかり在外選挙人証を持って、夫婦そろって無事投票できました。

日本の在外選挙の歴史は比較的短く、2000年から初めて実施されるようになりました。でもこれまでは比例代表への投票だけだったのですが、2007年以降小選挙区への投票もできるようになり、今回衆院選としては初めて比例と小選挙区の両方へ海外から投票できます。この公職選挙法の改正が実現したのは、まだ記憶に新しい2年前の裁判で、在外邦人の選挙権の一部が認められないのは違憲という判決が出たことによるものです。

この判決は在外邦人にとっては喜ばしいニュースですが、実際に投票してみて一つ不満が。在外選挙人証の発行元が、日本国内の最終居住地の市区町村の選管ということになっているので、小選挙区はその市区町村の属する選挙区ということになります。僕は民間企業勤務時代には千葉県我孫子市という所に住んでいましたが、10年たった今、その土地には家族や親戚はいないし、まったくなんのゆかりもありません。できれば、実家のある長野県内の選挙区に投票したかったので、これにはちょっとがっかりしました。

在外選挙がなかった時代と比べたら、大きな前進なので、文句ばかり言うわけにはいきませんが、制度的にはさらにあと一歩前進してほしいものです。

さて無事に投票を済ませた後は、ここはインマーマン通り。もちろん「オストの肉屋」でしゃぶしゃぶ用肉を買い、「松竹」で日本食材を買い、「」でラーメンを食べ、家族全員ご満悦でボンへ帰りました。

日本の野球チームを応援しよう!

遠征の日程変更により、残念ながら下記のボンでの試合は中止になりました。
福岡選抜チームの皆さん、またいつかお会いしましょう。ヨーロッパ遠征を存分に楽しんでくださいね。8/21




ボン在住の方へお知らせです。

去年に引き続き、今年もまた中学軟式野球の福岡選抜チームがボンにやってきます!去年の試合の様子はこちら

少年軟式野球国際交流協会(IBA)の主催で、選抜チームがヨーロッパに10日間遠征します。その中、8月23日(日)の午後2時から、ボンのRheinaue公園の野球場で、地元ノルトライン・ヴエストファーレン州チームと試合が組まれています。ボンの皆さん、ピクニックも兼ねて一緒に応援しに行きましょう。


IBA


福岡選抜の皆さん、どうかお気をつけてヨーロッパへいらしてください。またチームの皆さんの元気な姿を見られることを楽しみにしています。

福岡選抜公式ブログ

カールシュタットが経営破綻

ドイツの百貨店最大手のカールシュタットが経営破綻しました。金融危機の影響と経営判断ミスの複合的な原因だそうです。

つい先日、村上龍氏のJMMで、日本の百貨店もきっと淘汰されていくはずだというのを読んだばかりでしたが、我が家もよく利用するカールシュタットもそんな目に。。。

さて、カールシュタットの今後ですが、ライバルのメトロが傘下に収めてグループ内のカウフホフと統合させる計画だという報道が専らです。、今ボンの中心にあるカールシュタットとカウフホフは店舗の立地が近すぎるので、どちらかなくなるかも知れませんねぇ。小さなボンがますます小さくなっていく。。。

電話でのアポイントメントにご注意

またやってしまいました。火曜日だと思っていたある面会の予約が実は木曜だったとは。わざわざその時間に出向いて行った僕は、なんだか間抜けに見えました。「済みません英語が苦手なもので」なんて、相手に謝られてしまったけど、これは僕の不注意でした。

英語がそれほど流暢でないドイツ人が相手の場合は、日付と時間の確認をするときだけは頑張ってドイツ語でやりましょう。これまでの経験からすると、半分ぐらいの確率でTuesdayとThursdayを間違えられます。あと、時刻を表す「~時半」という言い方で、1時間ずれて間違えることもよくあります。これは例えば2時30分のことを、ドイツ語ではHalb drei(英:half three?)というので、英語に直訳してhalf past three(3時半)などと間違えてくれることが多いのです。

ドイツで、「木曜日の9時半に会いましょう」と英語で言われたら、それは火曜日の8時半のことかもしれません。2回疑ってかかりましょう。

首都移転後のボン

ボンからベルリンへ首都機能が移転したのは約10年前。もともと暫定首都だった人口30万ほどのボン市は、首都らしい顔などそもそも持っていなかったわけですが、それでも街を闊歩していた外交官たちが一斉にいなくなり首都の面影はまったくなくなりました。かわりに国連やIT企業などがやってきたり、博物館や美術館が以前より充実したり、雇用状況は首都時代より改善していたりと、市はそこそこの活気を保っています。

ところで、日本ではあまり知られていませんが、まだまだたくさんの政府機関(省庁)がボンに残っています。政府職員の数で言うと、半分弱の約9000人がまだボンで働いているのだそうです。首都移転に関する基本法(ベルリン・ボン法)によるとはいえ、この状況が最善であるとは到底思えませんね。ベルリンで開催されるたった30分の会議のために、ボンから飛行機で往復する人もいるとか。ボンとベルリンの距離は約500km。政府職員や外交官たちが、飛行機やICEで行ったり来たりしていることを思うと、環境的にも経済的にもどうでしょう。

当然上がってくる声といえば、ボンに残っている政府機関もベルリンに集約すべし、というもの。そんな記事を何回か目にしたことがあります。もしも本当にそうなったら、職員9000人だけの問題ではなくて、職員の家族、省庁の周辺で活動する外郭団体やNGO、はたまた出入りの業者などもつられてぞろぞろ移転することになるでしょうから、市は悲鳴をあげることになるでしょう。いつかはボンにそんな日がくるのかもしれません.....

海外生活を楽しむ

家族で外国暮らしを始めると、仕事をしている本人やその子供は職場や学校という居場所があり、知り合いも早くできて、語学の問題も少ない。一番苦労する可能性の高いのは、現地で仕事を持たない配偶者だと一般的に言われていますね。(もちろん家族によってこの辺の事情はまちまちでしょうけど)

さて、我が家の場合、今まで生活してきたどの場所でも、妻が現地の環境への適応性が最も高いのです。ニューヨークにいたときでも、今いるボンでも、知り合いの数は家族の中で一番多そうな気がします。最近などは、近所ですれ違う韓国人は全員顔見知りのような感じで、一緒に歩いていると驚きます。

妻は定職にはついていませんが、子育ての傍ら、どんなことをしているかというと、NYでは絵本読み聞かせのボランティア団体を立ち上げたり、地元の保育園に臨時でお遊戯を教えに行ったりしていました。日本語教授法を習ったこともあり、今でも外国人向けの日本語クラスを自宅で開講したり、日本人の子供向けの日本語の補習サークルのようなことをしたり、もちろん自分のために語学学校に通ったりと、人と触れ合う場所にいつもいて、どこに住んでいても忙しそうにしています。

僕の仕事の都合で、家族をあちこち連れまわしている立場からすると、こういう風にしていてくれるのは、本当にありがたいことです。

8年がかりの「翔ぶが如く」

今日、司馬遼太郎の「翔ぶが如く」(文庫本全10巻)を読み終えました。この小説を読み始めたのはなんと8年前、偶然にもの今日と同じ2月22日。なぜ日付を具体的に覚えているかというと、ジュネーブからニューヨークに転勤することになり、2001年2月22日にニューヨークに向かう飛行機の中で読み始めたから。

いつも5ページか10ページぐらい読むと本棚に戻し、また忘れた頃に続きを読むということを繰り返して8年。もちろんこの10巻を読む間に、他の本は次から次へと読み終わっていったわけですが。。。難解な本というわけではないのに、なぜか「翔ぶが如く」はこういう読み方になってしまいました。

小説は明治維新後、西郷隆盛の征韓論から西南戦争までの約7年間の話。物語の進行とほぼ同じスピードで本を読み進めてみると、最初のシーンを思い出すときの時間感覚が実生活とほぼ一致するので、不思議な気分になります。

8年前、ニューヨークのアッパーウエストサイドのアパートに着いて、翌日の初出勤の日は雪が降っていたっけ。西郷隆盛や大久保利通の人生の波乱とは比べものにはならないけど、自分の周りの環境も第一巻の時と比べると随分変化があったものだなぁと感慨に耽ってしまいます。とにかく読み終わって本当にすっきり。

ヴェスヴィオ山、富士山、浅間山、夢か誠か

週末はずっと読書でした。その中の一冊は、ローマ人の物語(文庫版)の23巻、皇帝ティトゥスの時代のあたり。西暦79年のヴェスヴィオ火山噴火によるポンペイ埋没の話も出てきました。ティトゥスのことは知らなくても、ポンペイのことは耳にしたことはあるはず、と塩野七生さんが言っていますが、僕もその一人。それはさておき。。

その夜、息子に読み聞かせた本は「富士は生きている」という、富士山の噴火の話。補習校の図書館から借りてきた本で、「これも噴火の話かぁ」なんて思いながら読んであげました。富士五湖の西湖と精進湖は昔は一つの湖で、西暦864年の噴火で溶岩が流れこんで、湖を二つに分けてしまったのだそうです。そして、湖上の溶岩で埋め立てられた部分が、現代の青木ヶ原樹海であると。これは面白い話でした。

そして同じ日の深夜、テレビのニュース番組で目にしたのが、浅間山の噴火の本物の映像。どっきりカメラ(ちと古いかな?)かと思いました。これで、火山の噴火が夢にでてくるのは間違いありません。。。。



地元の新聞にも、浅間山の記事が載っていました。

車のライト、昼間も点灯が義務化

日本から来たお客さんをうちの車に乗せると、日中にライトを点灯したまま走っている対向車を見て、「あっ、あの車、ライト消し忘れてる!」なんて言うことがあります。こちらでは事故防止のために日中でも車のヘッドライトを点灯して走ることが多いのです。特に高速道路上では真昼間でも半分以上の車が点灯しているし、一般道でも雨の日、曇りの日、朝夕など、さほど暗くなくても付けるケースは多いですね。

ドイツはとりわけライト点灯の習慣が進んでいるのかと思ったら、周辺の国はもっとしっかり義務化が進んでいることがわかりました。ADACがまとめたデータが下の表。違反したときの罰金まで一覧になっています。

Lichtpflicht Am Tag

今後EU内で販売される新車には、光量を抑えた「昼用ヘッドライト」の設置が義務づけられるそうで、2011年から実施されます。エンジンをかけたとたんに点灯するようになり、ライトの消費エネルギーは通常より70-90%低いということです。なるほどなるほど、これで事故が減るなら大いに結構。どんどんやってほしいものです。

アクセス数


にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ オーストリア情報へ
プロフィール

mickey10044

Author:mickey10044
男性。1999年より国連職員。

インド、ジュネーブ、ニューヨーク、ボン、ウィーンを経て、現在はイタリア・トリノの国際機関に勤務。IT部門のチーフ。PMP,CISSP。

mickey10044#hotmail.com
(#は@に変換)

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
Locations of visitors to this page

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。